高津区版 掲載号:2012年4月20日号
  • googleplus
  • LINE

市内クラブ所属 立石選手 ロンドン五輪へ 競泳平泳ぎ2種目に出場

二人三脚で練習に励んできた立石選手(左)と高城コーチ
二人三脚で練習に励んできた立石選手(左)と高城コーチ

 競泳のロンドン五輪代表選考を兼ねた日本選手権が4月、東京辰巳国際水泳場で行われ、NECグリーンスイミング玉川(川崎市中原区)所属の立石諒選手(慶應義塾大学)が日本代表に決定した。夏の本番へ向け、合宿などの調整を重ねロンドンでの表彰台を目指す。

 立石選手が出場したのは、平泳ぎ男子100m、200m。同種目には2大会連続で金メダルを獲得した北島康介選手が出場し、大きな注目を集めるレースになった。

 3日に行われた100m平泳ぎ決勝では、北島選手が日本新記録の58秒90を出し、4大会連続五輪出場を決めた。初の五輪出場を目指して出場した立石選手は59秒60のタイムで2位。五輪派遣標準記録を突破し、北島選手とともに五輪への切符を手にした。6日の200m決勝では、2分8秒17の自己ベストをマーク。北島選手(2分8秒00)に続く2位だったが、「北島選手の仕上がりは予想以上だった。残り3ヵ月の調整次第で順位は変わるかもしれない」と自信を見せる。

 中原区のNECグリーンスイミング玉川に所属する立石選手は、高校時代から将来の有望選手として注目を集めていた。しかし、前回の北京五輪代表選考会では、わずかの差で3位になり悔し涙を飲んだ。一時は水泳を止めようかとまで悩んだが、約2年前から同クラブの高城(たかしろ)直基コーチの指導の下、再度五輪を目指した。「応援してくれた友人、先輩、先生、家族に感謝したい」。決勝レース後のインタビューでそう答えた立石選手。4年前の挫折から、支えてくれた周囲への感謝を一番に口にし、充実した表情を浮かべていた。五輪本番までは残り約3ヵ月、合宿や遠征を重ね調整を続ける。

 高城コーチによると、世界はノルウェーのダーレ・オーエンなど強敵も多いが「北島選手とともに日本の底力を見せられれば」(同コーチ)と、2人揃っての表彰台を目指す。

 立石選手は「ロンドン五輪ではベストを尽くし、全力で頑張ります。応援をよろしくお願いします」と闘志を見せた。
 

高津区版のトップニュース最新6件

「友引」 火葬受け入れへ

市営2施設

「友引」 火葬受け入れへ

4月13日号

「事故ゼロ」めざし50年

高津区「母の会」

「事故ゼロ」めざし50年

4月13日号

新栽培アスパラが初出荷

溝口など4駅で道路整備

自転車安全対策

溝口など4駅で道路整備

4月6日号

校内看護「やっと拡充」

医療的ケア児

校内看護「やっと拡充」

3月30日号

市民2人が人命救助

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク