高津区版 掲載号:2012年7月20日号
  • googleplus
  • LINE

7月1日付で川崎高津南ロータリークラブ第19代会長に就任した 坂田 重男さん 末長在住 63歳

情報共有で「輪」広げる

 ○…「新年度早々(の7月)に1人、8月にも1人仲間が増える。ロータリークラブ(RC)の素晴らしさを分かち合いたい」。会員増加を純粋に喜ぶのは、奉仕活動を、より充実させ得る期待に胸を膨らませているからに他ならない。2年ぶりの区民祭や橘ふるさと祭り、花火大会、献血活動、多摩川美化活動などに参加する活動予定を挙げ、「皆で盛り上げようと燃えている」と意気込む。

 ○…内部充実による魅力あるクラブづくりと会員増強が今年度の主な力点。例会は会員同士のコミュニケーションを大切に、メリハリをつけた場にしたいという。「皆が感じているRCの魅力を共有し、良い部分を広げていくことで全体の魅力アップにつながれば」。会員増強策でもやはり情報の共有をポイントに上げ、「(新会員のことを)知っている人が多ければ、受け入れやすいし、新会員も加わりやすいはず」。

 ○…末長に農家の長男として生まれ育つ。「普通の子だったかな」と振り返る幼少期、田植えや稲刈りを手伝ったことは思い出。大学卒業後は旅行会社に就職し、業務視察旅行を中心に世界を飛び回った。その経験は今の活動にも活きている。後、父が興した、賃貸マンションの仲介・管理を行う(株)マツギを継いだ。20代の頃に知り合ったロータリアンが「とても尊敬できる人」だったことから、知人に入会を誘われた際は「私でもいいんですか」と思ったそう。

 ○…現在、活動の一環で自宅にはタイからの留学生がホームステイしている。「日本語が上手くなってきた」と我が事のように喜び、「妻も弁当づくりに夢中。もう息子にしたいくらい」。来年度は20周年の節目を迎える同RC。今年度はその準備期間でもあり、会長としてやりがいを感じている。「ロータリアンというだけで、世界の仲間と出会うことができる。日本と世界の平和のため、ほんの片鱗でも貢献できたら」
 

高津区版の人物風土記最新6件

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

4月6日号

阿部 眞二さん

3月19日付で高津警察署長に着任した

阿部 眞二さん

3月30日号

梶原 典夫さん

仏師で、高津区文化協会の第40回文化講座を受け持つ

梶原 典夫さん

3月16日号

田中 利男さん

梶ヶ谷4丁目町内会の会長として川崎市自治功労賞を受賞した

田中 利男さん

3月9日号

徳永 友一さん

1月スタートのTVドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛ける

徳永 友一さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク