高津区版 掲載号:2013年1月25日号
  • googleplus
  • LINE

「スーダンの平和を支援する会」で、現地での活動を中心となって進める 若林 恵子さん 多摩区在住 58歳

「スーダンの魅力、伝えたい」

 ○…「スーダンには、懸命に人の世話をする人が多い。謙虚で遠慮深く、精神文化が日本人と近いと思う。現地ではいつも心の勉強をさせてもらっている」。溝口の「てくのかわさき」内で毎月スーダンの写真展を開催している同会で年2回、3カ月ずつ現地に滞在し、植樹や教育、日本文化の普及活動を続けている。

 ○…南足柄市生まれ。木登りやキャッチボールが好きな活発な子どもだった。結婚を機に川崎市に転居。2児の母として子育てに奮闘していた1997年、友人の紹介でスーダンの開発支援ボランティア活動を始めた。「高校時代から、漠然とアフリカに行ってみたいという気持ちが強かった」。猛反対する夫を説得し、同年、初めて現地を訪問。マラリアを媒介する蚊が飛び回り、限られた泥水を頼りに暮らす劣悪な貧困の実態に言葉を失った。「最初は胸が痛くて、泣きながら日本に帰ってきた」。以来15年にわたり、スーダンの開発支援に取り組み、「いまではすっかりライフワークになった。使命感で続けている」。

 ○…趣味は編み物と料理と話すが「支援活動が忙し過ぎて、趣味を楽しむ時間はありません」と笑う。スーダン滞在中は、現地の女性たちとの食事会が何よりの楽しみ。「ご婦人が手作りのケーキなどを振る舞ってくれる。家によって味が違うお茶を味わったり、料理の作り方を聞いたりして交流するのが本当に楽しい」。現地での暮らしを語る目が生き生きと輝く。

 ○…インターネットが浸透した近年、日本のアニメや音楽が若者の間で絶大な人気だという。サブカルチャーなどをきっかけに日本語学習熱が高まり、同会が開く日本語教室には毎回生徒が絶えない。今後の目標は、毎月の写真展などを通じて同会の活動に関心を高めてもらい、後継者を見つけること。スーダンの魅力を伝え続け「責任を持って会を受け継いでくれる若い人に出会いたい」。
 

高津区版の人物風土記最新6件

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

4月6日号

阿部 眞二さん

3月19日付で高津警察署長に着任した

阿部 眞二さん

3月30日号

梶原 典夫さん

仏師で、高津区文化協会の第40回文化講座を受け持つ

梶原 典夫さん

3月16日号

田中 利男さん

梶ヶ谷4丁目町内会の会長として川崎市自治功労賞を受賞した

田中 利男さん

3月9日号

徳永 友一さん

1月スタートのTVドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛ける

徳永 友一さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク