高津区版 掲載号:2013年3月1日号
  • googleplus
  • LINE

NECGSC溝の口 リレー2種目で高校新 県JOC予選水泳大会で

スポーツ

新記録を樹立したメンバー(上段左から)岩田さん、田村さん、片山さん、佐藤さん、(下段左から)西尾さん、渡辺さん、井上さん、瀧口さん
新記録を樹立したメンバー(上段左から)岩田さん、田村さん、片山さん、佐藤さん、(下段左から)西尾さん、渡辺さん、井上さん、瀧口さん
 第35回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会の神奈川県予選会が2月10日、横浜国際プールで行われ、市内にスイミングスクールを構えるNECグリーンスイミングクラブ(NECGSC)から選手が出場。溝の口(高津区久本)所属選手が短水路(25m)リレー2種目で日本高校新記録を樹立した。

 全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会は、将来の水泳界を引っ張る18歳以下の若手選手が多数出場する大会で、今年の春季本大会は3月下旬に、新潟県長岡市で開催される。

 神奈川県予選で短水路日本高校新を記録したのはNECGSC溝の口チームで出場した男子200mメドレーリレーと女子200mフリーリレーの2種目。

 男子メドレーでは、岩田哲也選手(背泳ぎ/高3)、田村光洋選手(平泳ぎ/高3)片山瑞貴選手(バタフライ/高1)、佐藤俊也選手(自由形/高3)が出場。1分39秒72のタイムをたたき出し、従来の記録を0秒61更新した。

 女子フリーでは、西尾奈那子選手(高2)、渡辺真希選手(高1)、井上真綾選手(高3)、瀧口真帆選手(高3)が息の合ったリレーを見せ、1分43秒67を記録。2010年5月から続く高校記録を0秒52上回った。

3月の本大会へ意欲

 短水路200m自由形で日本高校記録を持ち、女子リレーのアンカーを務めた瀧口選手は「個人の目標タイムは出せなかったけど、みんなが頑張って記録を出せてとても嬉しい。3月の本大会は高校生最後のレース。チームのために全力で頑張りたい」と力強く話した。

 同クラブで指導する河合大輔コーチは「日本記録を出す自信があった。試合前は毎日リレーの引継ぎ練習を行い、チームワークを高めていた」と話し、「力を付けている3年生がチームを引っ張り、高校卒業間近に新記録を出せたのは良かった」と喜びを表した。

高津区版のトップニュース最新6件

「友引」 火葬受け入れへ

市営2施設

「友引」 火葬受け入れへ

4月13日号

「事故ゼロ」めざし50年

高津区「母の会」

「事故ゼロ」めざし50年

4月13日号

新栽培アスパラが初出荷

溝口など4駅で道路整備

自転車安全対策

溝口など4駅で道路整備

4月6日号

校内看護「やっと拡充」

医療的ケア児

校内看護「やっと拡充」

3月30日号

市民2人が人命救助

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク