神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2014年6月27日 エリアトップへ

川崎商議所 元気な中小、条例で実現を 会議発足、来年2月に骨子案

公開:2014年6月27日

  • LINE
  • hatena
策定案に期待を示す福田市長(左)と山田会頭
策定案に期待を示す福田市長(左)と山田会頭

 川崎経済の活性化を実現させるための条例制定に向け、川崎商工会議所(山田長満会頭)は13日、「川崎市中小企業活性化成長戦略条例策定会議」を立ち上げた。委員は学識者のほか、業界団体や市民団体など約30人で構成。来年2月をめどに骨子案をまとめ、条例制定を検討する市に提出する。

 「企業は一粒の種から生まれる。種を蒔き、芽を出し、中小企業となり、中堅企業、そして大企業へと成長する。中央政府(国)、地方政府(自治体)が中小企業のそれぞれのステージで農業の精神でタイムリーに応援することは重要」。かねてから条例制定に意欲を見せていた山田会頭はその意義を訴える。今回の会議発足にあたっては「英知を結集して地域産業振興、地域経済活性化、日本経済活性化に貢献したい」と意欲的だ。

 条例制定は市議会でも取り上げられ、福田市長も検討を表明。制定に向けた機運が高まっていることから会議を発足させた。

 会議のメンバーには同商議所関係者や学識者、工業、商業、飲食業、ソフトウェア業、ベンチャー企業支援機関、地域金融機関、農業大学、市民代表、消費者団体が加わる。

 同様の条例は全国の自治体にもあり、神奈川県でも県、横浜、相模原、横須賀にある。一般的には公共事業における市内企業の優先的受注やベンチャー企業支援などが条例に盛り込まれると考えられる。ただ、今回のメンバーの構成から農業や商業市内の様々な産業の活性化も視野に入れているともみられる。

 初会合では座長に山田会頭を選び、副座長に魚津利興副会頭、平尾光司昭和女子大学学事顧問、朝比奈一郎中央大学客員教授の3氏を選出した。今後は2月までに4回の会合を開き、骨子案をまとめ、市に提出する。

高津区版のトップニュース最新6

店頭で「プラ容器回収」

溝口周辺ドラックストア

店頭で「プラ容器回収」

川崎市が実証実験

2月16日

教育・脱炭素に重点

川崎市予算案

教育・脱炭素に重点

市長「100年、その先予算」

2月16日

「関心持って」若者から声を

パレスチナ問題

「関心持って」若者から声を

溝口で通行人に呼び掛け

2月9日

「備える。たかつ」始動

高津区役所危機管理担当

「備える。たかつ」始動

「防災」 Webで定期配信

2月9日

「多様な芸術発展の契機に」

区内久本カフェ「ココデ」

「多様な芸術発展の契機に」

障がい者らの作品、初展示

2月2日

南北自由通路を「木質化」

JR武蔵溝ノ口駅

南北自由通路を「木質化」

脱炭素の取組み、促進へ

2月2日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook