高津区版 掲載号:2014年8月29日号 エリアトップへ

地元NPO 久本小で「地域の寺子屋」 郷土愛の育成等めざす

教育

掲載号:2014年8月29日号

  • LINE
  • hatena

 地域ぐるみで子どもたちの教育などをサポートする川崎市の「地域の寺子屋事業」が各区で試験的に行われている。高津区では久本小学校をモデル校に10月からスタート。実施団体はNPO法人高津総合型スポーツクラブSELF(以下SELF)が務める。他区の寺子屋と比べて独自色の強い、ユニークな内容になりそうだ。

 「地域の寺子屋事業」は福田紀彦市長の選挙公約の一つで、地域による子どもたちの学力向上や豊かな人間性の形成などが目的。市教育委員会の担当者は「モデルで問題点や課題を洗い出し、来年度以降の実施につなげたい」としている。

 寺子屋は週1回平日放課後1時間の「学習支援」と月1回の「体験活動」で構成。内容は各実施団体が決める。市教育委員会によると高津区以外の6区の「学習支援」の内容は、地域の住民らが先生となり、国語や算数などを教える内容が中心になっているという。

 一方、高津区の久本小では、1カ月ごとのテーマにそった複合的な学習を展開する。例えば10月は「私たちの街 高津を知る」をテーマに「川崎の産業と産物=社会・理科」、「高津に伝わる民話=国語・社会・道徳」といった授業を行う予定。

 目標には「思いやりがあり、積極性・リーダーシップのある子ども、学校での学力以外に総合的な学力がある子どもの育成。郷土を知り、郷土を愛せる子どもの育成」を掲げた。保護者アンケートの結果から寺子屋には学校以外の基礎学力やコミュニケーション能力の形成などが求められていることが分かったからだ。

 SELFスタッフの林俊行さんは「寺子屋は学校の授業の補完ではないと思う。勉強を教えるのではなく、好きになってもらうきっかけをつくりたい。モデルなのでチャレンジしてみたい」と話す。

 久本小の飯沼索校長は「地域特性としてマンション住まいが多く、川崎生まれの子どもが少ない。自分の住むまちを知ることはアイデンティティの形成にもつながる」と期待を込める。

ボランティア募集

 寺子屋への参加は希望者による登録制で、現在170人ほどの児童が参加を希望しているという。そこでSEFLでは寺子屋の運営に協力してくれるボランティアスタッフを募集している。問い合わせは【電話】044・833・2555へ。

高津区版のトップニュース最新6

新規ワクチン「打ち止め」へ

高津市民館

新規ワクチン「打ち止め」へ 社会

今後「3回目会場」可能性も

10月22日号

逆境乗り越え、全国へ

坂戸小合唱団

逆境乗り越え、全国へ 文化

新メンバーで「一致団結」

10月22日号

水道の歴史、資料で探る

川崎市給水開始100年

水道の歴史、資料で探る 文化

溝口・ふるさと館で企画展

10月15日号

水位上昇に「警告灯」

平瀬川

水位上昇に「警告灯」 社会

東日本台風受け、区が導入

10月15日号

「プペル」バレエで表現

洗足学園大卒業生ら

「プペル」バレエで表現 文化

本日より動画公開

10月8日号

資源物持ち去り、罰金も

川崎市

資源物持ち去り、罰金も 社会

来年4月施行目指す

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook