高津区版 掲載号:2014年10月31日号 エリアトップへ

高津物語 連載第八六六回 「『いやのめ』その四」

掲載号:2014年10月31日号

  • LINE
  • hatena

 『溝口水騒動』久地村本文中にある「久地『いやのめ』は二・二キロ上流にある…」の謎めいた記述?

 多摩川宿河原堰堤で取水されたニヶ領用水は五つの堰があった。

 小田急線に近い所にあったのがニヶ領用水本川の榎戸堰である。

 ここから五ケ村堀・中田堀・上菅生村への三堀が分れていった。

 榎戸堰組合には、登戸・上菅生・長尾・宿河原・堰・久地の六ヶ村が属していた。榎戸堰が廃止になった時期は不明(昭和後期ではないかと言われる)。

 現在、榎戸堰のあった辺りは、両側をコンクリート壁を高くして護岸、トンネル状の暗渠の上を、府中街道が通っている。

 その昔、五ケ村堀から分水した、ニヶ領用水本川に沿って流れてから、やや北に離れて行く「長尾堀」があったという。

 長尾村(『新編武蔵風土記稿』)に「南の方を神木長尾と云、山丘多くして渓谷有り、されば近き頃、土俗改て谷長尾とよべり。この辺地形高低有て旱損の患あり、北の方を河内長尾と云、河内は多摩川の内と云る事にや。此処は山丘の根に沿うて平かなる地なれば、用水の便りは宣けれど、多摩川の水溢れば水損の患いあり」と怖ろしい文言が並ぶ。

 右の記述により、長尾堀は多摩の横山の山裾を流れいやのめの麓で、ニヶ領用水となって久地分量樋に流れたものと思われる。

 が、ニヶ領用水本流と支流が台風シーズンに増水して溢れ出し大水になった時、長尾堀も現在の南武線久地駅辺りから、物凄い濁流が津田山(七面山)に襲い掛った。その結果、津田山は現在の様な西と東の二つに分断された。後年その真ん中をJR南武線が通い、南武沿線道路が出来たと、私には考えられるのだ。

 一方、氾濫した濁流の一部は、JR久地駅南側を襲い、現在の堰・久地両三町目、久地二町目を濁流の渦に巻き込み、かすみ堤で漸く止まった。

 が、今度は多摩沿線道路の無い時代、多摩川本流に向かって物凄い勢いで家屋等を押し流した。毎年「台風シーズン」になると繰り返される悲劇だった。
 

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その1 加藤 孝市さん

6月21日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その4 英 径夫さん

6月14日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その3 英 径夫さん

6月7日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その2 英 径夫さん

5月31日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

5月31日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その1 英 径夫さん

5月24日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え

30日 午後4時から

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その1 加藤 孝市さん

    6月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク