高津区版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

高津産イチゴ、収穫ピーク 区内唯一、武笠農園が生産

文化

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena
出荷前の「紅ほっぺ」と武笠さん
出荷前の「紅ほっぺ」と武笠さん

 今季からイチゴの生産を始めた武笠農園(坂戸)でイチゴの収穫がピークを迎えている。JAセレサ川崎農業協同組合によると「ハウスのイチゴ生産は区内唯一。また、過去を見ても初めてでは」という。完熟の甘さが味わえると、高津産イチゴの評判は地域でも上々だ。

 品種は大型で高い糖度と適度な酸味が特徴の「紅ほっぺ」。1200平方メートルのハウスに8000株を栽培している。収穫は1日40、50kg。生産者の武笠康浩さん(39)は「ギリギリまで獲らず、朝完熟したものだけをパックして販売できるのは地元ならでは」と話す。

 イチゴは直売のほか、マルイファミリー溝口、大型直売所「セレサモス」(麻生区)で販売。マルイファミリー溝口食遊館の橋本祐司さんは「甘みが強く、ほかの紅ほっぺと品種が違うのかと思った。高津産のイチゴに驚いて購入する方も多いですね」と好調な売れ行きに笑顔を見せる。同店は、夕方にはほぼ完売になるという。

売上低迷打開策に

 武笠農園はパンジーやシクラメンなどを栽培する花農家だ。近年、花の売り上げ低迷に焦りを感じ、農閑期に始めたのがイチゴ栽培だった。「イチゴは子どもから大人まで嫌いな人はいない。前から興味を持っていた」と武笠さん。

 業者や県内のイチゴ農家に栽培方法を学び、試行錯誤を重ね、収穫したイチゴを食べた時は「初めてこんな旨いイチゴを食べた」と手応えを感じたという。

 「一度購入した人がまた来てくれることが嬉しいです。加工品もできたらいいですね。イチゴは可能性が広がります」と語った。

高津区版のトップニュース最新6

「サンレッド」人気健在

区内舞台ギャグ漫画

「サンレッド」人気健在 文化

新刊出版にファン歓喜

1月24日号

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

地元愛、醸成の起爆剤に

ダンス聖地「溝口」

地元愛、醸成の起爆剤に 文化

19日、高津区初のイベント

1月17日号

救急出動 30年で2・5倍

川崎市

救急出動 30年で2・5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

「未来の高津」実現に向けて

「未来の高津」実現に向けて 政治

高梨区長が抱負語る

1月10日号

獅子舞で正月風情再現

子母口4町会

獅子舞で正月風情再現 文化

囃子保存会メンバー尽力

1月10日号

「目標は往路優勝、総合3位」

国学院大

「目標は往路優勝、総合3位」 スポーツ

歴史を変える挑戦へ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月24日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク