高津区版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

川崎市民プラザ 駐車場利用が有料化 6時間までは無料、1日から

社会

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena
(写真上)立体駐車場(下)施設内のスタンプ機で打刻
(写真上)立体駐車場(下)施設内のスタンプ機で打刻

 川崎市民プラザ(新作1の19の1)は4月1日から、同施設の駐車場の有料化を開始した。施設利用者は入庫後6時間までは無料だが、超過すると30分までごとに100円を支払う。同プラザによると4月10日現在(取材時)も、有料化後の運用について市との協議が続いており、今後、利用方法などが変更になる場合もあるとしている。

 駐車場利用者は来館後、施設内にある「有料駐車場コーナー」で駐車カードを取り、タイムスタンプ機で入庫時刻を打刻する。カードは施設利用後まで各自で保管し、利用後は同様に出庫時刻を打刻する。駐車後、最初の6時間までは無料で、以降は30分までごとに100円、1日の最大料金は1000円としている。6時間を超えた場合は、駐車カードを総合フロントに提出し、所定の料金を支払う。駐車料金精算機の設置などはしない。

 6時間まで無料とする理由については「川崎市民プラザは(体育館、劇場などを持つ)複合施設であり、長時間利用を推進するため」としている。プラザ職員は「施設内で講座を受けた後、お風呂など他の施設を利用される人も多い。また、企業など法人利用では、会議室を長時間使用するケースも少なくない」と話す。

 同プラザによると、有料化の背景には、市の施設の駐車場利用に関する受益者負担の公平性確保がある。区内のスポーツセンターなど公の類似施設ではすでに駐車場利用が有料化されていたが、川崎市民プラザでは無料だった。そのため、受益者負担の公平性を保つため、市が同プラザに有料化を求めたという。

 市によると、橘出張所、プラザ橘、てくのかわさき、川崎市男女共同参画センターなど、まだ駐車場利用が無料の公共施設の有料化は未定という。

 今月から有料化したが、同プラザは現在、利用状況などをみて、使いやすさ向上などのために市との協議を進めており「いまの利用方法が今後変更になる可能性もある」としている。
 

高津区版のトップニュース最新6

火災・救急 減少傾向に

高津消防署管轄内

火災・救急 減少傾向に 社会

放火・こんろが出火原因上位

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 社会

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

守った「正月風景」

宇奈根「カワサキ・スイミングクラブ」

守った「正月風景」 文化で

恒例の初泳ぎ、今年も

1月8日号

区民の暮らしに「安定」を

区民の暮らしに「安定」を 政治

鈴木区長が抱負語る

1月8日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 社会

福田市長、2021年を語る

1月1日号

目標は2年連続総合3位

國學院大

目標は2年連続総合3位 スポーツ

箱根駅伝 あす号砲

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク