高津区版 掲載号:2015年5月15日号 エリアトップへ

子どもの虐待経験 気付く大人の割合低調 意識調査で明らかに

社会

掲載号:2015年5月15日号

  • LINE
  • hatena

 子どもの10%から15%は何らかの虐待を受けた経験がある一方、それに気付く大人の割合は低い――。そんな実態が川崎市のまとめた「第5回子どもの権利に関する実態・意識調査報告書」で明らかになった。

 調査は、アンケートとヒアリングで行われ、このうちアンケート調査は昨年3月、11歳から17歳までの子ども2100人、18歳以上900人、市立施設や学校の職員500人の計3500人を無作為抽出し、郵送で実施。このうち1296件の回答(回収率37・0%)があった。ヒアリング調査は昨年7月から9月にかけて児童養護施設などに入所している11歳から17歳までの子どもら7施設27人を対象に行われた。

 子どもの生活実態を問う設問で「大人から叩かれたり、殴られたりした」と回答した子どもの割合は「される」「ときどきされる」あわせて9・2%だった。年齢別では小学生世代のほうが中・高生世代より回答する割合が高かった。

 一方、大人に対しては「子どもが保育園・幼稚園・学校で先生から殴られたりしたことに気付いたり、聞いたりする」ことを聞いた。「ある」「ときどきある」と回答した割合は5・6%で「気付かない」と回答したのは約80%に達した。

 「心を傷つけられる言葉をいわれる」との設問で「いわれる」「ときどきいわれる」と回答した子どもはあわせて15・0%だった。これに対して「気付いたり聞いたりする」大人は「ある」「ときどきある」あわせて8・4%で気付かないと回答した割合は約74%だった。

 「子どもが疲れたり、不安に思うことについて」は全ての世代で最も多い回答が「学校の勉強・宿題」だった。40%の小学生が回答したのに比べ、中高生は約60%と高かった。

 また、中・高校生は「クラブ活動・部活動」や「友達・先輩との関係」を挙げる割合が高いことも判明した。「いじめや嫌がらせ、シカト(無視)」 で悩む割合は小・中学生が各約15%、高校生約5%だった一方、「子どものいじめに気付いた」と回答した大人の割合は9・7%だった。

 調査の中で子どもへの虐待やいじめの気づきのキーを握るのが職員だということも判明した。「大人から叩かれたり、殴られたりした」設問では気づいたり、聞いたりしたと回答した職員は約6割に達した。また、心を傷つけられる言葉をいわれることに気付く割合は約45%、いじめ等の気付きでは学校関係では約70%、施設関係では約60%が気付いたと回答した。

高津区版のトップニュース最新6

防げ「2度目のクラスター」

高津警察署

防げ「2度目のクラスター」 社会

地元企業が抗菌施工

11月20日号

中高生に「投資の概念」を

中高生に「投資の概念」を 社会

坂戸の高橋さんが入門書

11月20日号

オンラインで国際交流

洗足学園中学校

オンラインで国際交流 教育

11月13日号

大山街道で謎解き

高津区

大山街道で謎解き 文化

「密」避ける新企画

11月13日号

溝ノ口劇場で初実施

リズムワークショップ

溝ノ口劇場で初実施 文化

障がい者支援「プロ仕様」に

11月6日号

「ラジオ体操」の音源収録

小黒恵子童謡記念館

「ラジオ体操」の音源収録 文化

アプリ視聴で特典付与も

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 意外と知らない!?ボウリングの魅力

    改装3周年ムサシボウル所属プロがQ&Aで解説!

    意外と知らない!?ボウリングの魅力

    第1回「ジュニア選手の育成」について

    11月20日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第16話 その3 関口 務 さん

    11月20日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第16話 その2 関口 務 さん

    11月13日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク