高津区版 掲載号:2015年5月22日号 エリアトップへ

県予選を1位通過し、6月のアマ竜王戦に挑む 三宅 潤さん 末長在住 28歳

掲載号:2015年5月22日号

  • LINE
  • hatena

目の前の一局丁寧に

 ○…「まずは県の代表を目指していたので、とりあえずほっとした」と安堵の表情を見せる。「厳しい戦いが続いた」と言う今大会、初戦が山場だった。持ち時間を使い切り、1時間半に及ぶ戦いに競り勝った。将棋は何十手も先を常に読み、枝分かれする様々な局面に対応する。「自分が想像もしなかった手が来ることがある。どんな手が来るのかワクワクする」と将棋の魅力を語る。

 ○…生まれは東京都国立市。将棋を覚えたのは6歳の時。児童館の将棋教室で習った。すぐに「もっと強い人と指したい」と名門将棋クラブの門を叩いた。プロ棋士を目指す同世代に刺激され、棋士を養成する奨励会に中1年の時に入会。実力勝負の厳しさを味わってきた。プロ棋士になる手前の3段リーグに6年間挑戦。「勝負が怖い時もあった」という。だが、対局は絶対に休まなかった。規定の年齢制限でプロを断念したのは3年前。「何も考えられなかった期間」が続いた。再び将棋と向き合えたのは、「将棋と応援してくれた人と縁を切りたくない」という思いがあったからだ。

 ○…高校卒業後は大学へ進学。欧州の文化や歴史を学ぶ授業が好きだった。「チェスをして単位が取れる授業で。先生や仲間とよく飲みに行って楽しかった」と懐かしむ。もちろん付き合いは今も続く。趣味はヨーロッパサッカーの観戦、カラオケ、読書も好きだ。特に日本代表、長谷部選手の自伝に感銘を受けた。「一流の選手がどんな気持ちで試合に臨むのかなど、勉強になった」と多くを学んだ。

 ○…奨励会退会後、職業訓練校を経て都内のビルメンテナンス会社に勤務している。朝は7時半前に家を出て満員電車に揺られる。「慣れないことだらけ。でも与えられた仕事をしっかりこなしたい」。丁寧に取り組む姿勢は将棋で培った。アマ竜王戦は上位4人がプロ棋戦へ参加できる。挑戦権を見据え、「目の前の一局をしっかり指していく」。



高津区版の人物風土記最新6

堀田 彰恵さん

公益社団法人川崎市看護協会の会長に6月に就任した

堀田 彰恵さん

中原区在勤 60歳

7月30日号

佐藤 伸子さん

7月から高津スポーツセンターの館長に就任した

佐藤 伸子さん

諏訪在住 62歳

7月23日号

鈴木 辰男さん

高津区保護司会の会長に就任した

鈴木 辰男さん

久末在住 68歳

7月16日号

緒川 颯太(そうた)さん

大学を中退し、一念発起して漁師を目指す

緒川 颯太(そうた)さん

下作延出身 22歳

7月9日号

蜂須賀 ゆずさん

ご当地アイドルグループ『川崎純情小町☆』新メンバーとしてデビューした

蜂須賀 ゆずさん

高津区新担当

7月2日号

五十嵐 崇さん

「ものづくり」を通じて町工場の魅力を地域に発信し続けている

五十嵐 崇さん

久地勤務 52歳

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter