高津区版 掲載号:2015年7月10日号 エリアトップへ

すくらむ21 父子家庭の悩みに迫る 初の聞取調査、結果報告

社会

掲載号:2015年7月10日号

  • LINE
  • hatena
調査にあたった湯澤教授らが実態を報告した
調査にあたった湯澤教授らが実態を報告した

 川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)は6月29日、市内のシングルファーザーを対象に実施した生活実態調査の報告会を開催した。長時間労働や、情報交換のためのネットワークの少なさなど、仕事と子育ての両立へのさまざまな悩みや課題を報告した。

 同センターは今年1〜3月にかけ、市内在住の20〜60代のシングルファーザー30人にインタビュー調査を実施。父子家庭の生活実態を調査し、ひとり親男性の生活的自立のための課題や必要な支援を明確にしようと、今年初めて実施した。

 報告会には、中心になって調査を行ったお茶の水女子大学の戒能(かいのう)民江名誉教授らが出席。同調査に関心の高い市民約30人を前に、調査で浮かび上がったシングルファーザーの悩みや、父子家庭への支援の在り方などを伝えた。

 調査の結果、仕事と育児の両立の課題として「ひとり親になったことで仕事上の役職を辞退した」「平日に学校や役所に行けるなどの融通が利くため、正社員よりパート契約を選ぶ傾向がある」「年収の低下傾向」など、正社員としての長時間労働や経済的困難などに悩む父親の実情が浮かび上がった。

 また、シングルファーザーへの公的支援情報について認知している父親が少ないことも課題だ。子育てを支援する若者サポートステーション、学習支援、民間の相談先などの情報を知らない父親が少なくないという。聞き取り調査では、ひとり親男性同士の集まりへの参加について「自分も含めて男性はそういうところにあまり行かない。行ってもあまり話さない」などの回答が大半だった。

 調査に協力した立教大学の湯澤直美教授は「シングルファーザーのライフワークバランスが保障されるべき。過労死者を減らすことにもつながると考えている」と強調した。

 すくらむ21は、今回の調査結果をまとめた報告書を作成し、10月に発行を予定。冊子は同センター内や市内の図書館などに設置する。希望する自治体、施設などにも配布し「ひとり親家庭への支援に活用してほしい」としている。

高津区版のトップニュース最新6

「マルシェ」で界隈に活気を

区内溝口

「マルシェ」で界隈に活気を 経済

来月4日 地元信金が初実施へ

5月20日号

「保留児童」減少続く

高津区

「保留児童」減少続く 社会

市全体も4年連続減に

5月20日号

感染症拡大防止に一役

NPO法人手を洗おう会

感染症拡大防止に一役 文化

啓発目指し絵画の募集も

5月13日号

「サークル祭」本格再開へ

高津市民館

「サークル祭」本格再開へ 文化

15団体が日頃の成果披露

5月13日号

記念動画を公開

高津区制50周年

記念動画を公開 社会

魅力を紹介 「未来につなぐ」

5月6日号

「AS(エージシュート)」ついに1000回

区内在住田中菊雄さん

「AS(エージシュート)」ついに1000回 スポーツ

“ゴルファーの夢”大台到達 

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook