高津区版 掲載号:2015年8月21日号
  • googleplus
  • LINE

ムサシボウル 建て替えリニューアルへ 10月から2年間休業

経済

取材に答えた渡邉総支配人と村山プロ
取材に答えた渡邉総支配人と村山プロ
 溝口でボウリングブームを牽引してきた「ムサシボウル」が9月30日、老朽化による建て替え工事のため現ビルでの営業を終了する。48年間の歴史に一度幕を下ろし、2年後のあらたなリニューアルオープンへ向け再出発する。

 ムサシボウルの開業は1968年3月。ボウリングブームがこれから始まるという時期に、市内5番目のボウリングセンターとして話題を集めた。

 「当時は今の倍の36レーンありました。開店前から長蛇の列で、営業中はずっと混んでいたようです」と総支配人の渡邉直人(48)さんは当時の様子を話す。プロが集まる報知オールスターボウリング大会の会場、中山律子プロ(同社顧問)などを招いたイベント主催など、溝口にボウリングブームを巻き起こした。

 同所が掲げるのは「地域密着のボウリング」。会員数373人。リーグ戦やトーナメント戦を毎日開催し、スタッフと来場者の交流がある。スタッフの村山文佳(27)さんは、プロ2年目、20歳からムサシボウルに勤務している。高校時代に国体出場経験を持つ村山さんは、「プロになったのは会員さんの後押しも大きかった。娘、孫の様に接してくれ、アットホームな雰囲気がここの特徴です」と話す。

 新ビルは地下1階、地上7階、2017年8月に完成する予定。その一角にボウリング場施設が入る。東京五輪の正式種目入りを目指すボウリング業界について「絶対にまた大きなブームが来ますよ」と語る渡邉総支配人。「溝口駅前にふさわしい設備を整え、必ずもどってきます」と誓った。

 また、閉店前には感謝サービスを実施する予定。

開業当初のムサシボウル周辺の航空写真(ムサシボウル提供)
開業当初のムサシボウル周辺の航空写真(ムサシボウル提供)

高津区版のトップニュース最新6件

「民泊」住宅街で可能に

炊き出し経験、料理本に

熊本地震2年

炊き出し経験、料理本に

4月20日号

「友引」 火葬受け入れへ

市営2施設

「友引」 火葬受け入れへ

4月13日号

「事故ゼロ」めざし50年

高津区「母の会」

「事故ゼロ」めざし50年

4月13日号

新栽培アスパラが初出荷

溝口など4駅で道路整備

自転車安全対策

溝口など4駅で道路整備

4月6日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

おいしいお米の選び方

おいしいお米の選び方

ふるさと館でマイスター講座

5月20日~5月20日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四二回「石敢當の由来」

    高津物語

    4月20日号

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク