高津区版 掲載号:2015年10月16日号
  • googleplus
  • LINE

今年、高津区薬剤師会会長に就任した 恵木(えぎ) 立(たつ)さん 久本在住 45歳

健康づくりに不断の努力

 ○…今年、会員約30人が所属する高津区薬剤師会の会長に就任した。「身が引き締まる思いです」。凛と語るその声に、新会長としての責任感をみなぎらせる。「薬剤師は健康相談の何でも屋さん」と考えている。ただ薬を渡すだけでなく「時間をかけてじっくり患者の悩みを聞き、心に寄り添って相談に乗ることができる。それがこの仕事のやり甲斐。地域の人々との心のつながりを大切にしていきたい」と話す。

 ○…区内新作に生まれる。幼少期から、地元で漢方薬の販売店を経営していた父の背中を見て育った。日々訪れる多くの患者と真摯に向き合い、健康づくりに貢献する父の姿に「自分も将来、薬の専門家になりたい」と薬剤師の道に進んだ。「医療も薬学も日進月歩。次々と新薬が生まれ、日々勉強を続ける」この仕事に誇りを持って臨んでいる。

 ○…洗足学園の幼稚園児だったころ、母の影響でピアノを習い始めた。音楽への関心が高まり、小学校ではリコーダー演奏を好んで楽しんでいた。「縦笛だけでなく横笛もやりたい」と、大学では管弦楽団に所属し、フルートに打ち込んだ。音楽への興味は尽きず、薬剤師として開業してからも趣味としてフルート演奏を楽しむという。アウトドアも好きで、富士山の裾野でキャンプをしたり、富士五湖での釣りを楽しんだり、妻子とともに自然の中で過ごす時間を大切にしている。「いつか船に乗って太平洋を横断してみたい」。夢を語るとき、眼差しに少年の瞳のような輝きが宿る。

 ○…胸の中に、ずっと根付いている思いがある。「目的を達成できる人はできるように努力する。達成できない人はできない理由を見つけようとする」。新会長として目指すのは、会員同士の交流を深め、さらに風通しの良い薬剤師会の実現。自ら「できない理由を探す」のではなく、不断の努力で、地域の人々の健康を支え続けたい。

高津区版の人物風土記最新6件

本田 正男さん

子どもの貧困、ヘイトスピーチ問題などに取り組む

本田 正男さん

4月20日号

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

4月6日号

阿部 眞二さん

3月19日付で高津警察署長に着任した

阿部 眞二さん

3月30日号

梶原 典夫さん

仏師で、高津区文化協会の第40回文化講座を受け持つ

梶原 典夫さん

3月16日号

田中 利男さん

梶ヶ谷4丁目町内会の会長として川崎市自治功労賞を受賞した

田中 利男さん

3月9日号

徳永 友一さん

1月スタートのTVドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛ける

徳永 友一さん

3月2日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

おいしいお米の選び方

おいしいお米の選び方

ふるさと館でマイスター講座

5月20日~5月20日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四二回「石敢當の由来」

    高津物語

    4月20日号

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク