高津区版 掲載号:2015年12月11日号 エリアトップへ

一般社団法人「日本だじゃれ活用協会」の代表理事を務める 鈴木 英智佳(ひでちか)さん 久本在住 40歳

掲載号:2015年12月11日号

  • LINE
  • hatena

わらいはライフワーク

 ○…「あさりの味はあっさり味」「みかんは三日以内に食べましょう」。人と人とのコミュニケーションを円滑にするツールとして「だじゃれ」に着目し、2014年に「日本だじゃれ活用協会」を設立。現在は各地でだじゃれの魅力を伝えるワークショップ「ダジャーレdeござ〜る!」を開催し、全国を飛び回っている。「だじゃれは、語彙力も創造性も必要で奥が深い。毎回皆が楽しんでくれて嬉しいです」

 ○…だじゃれは「自己中心的でうっとうしい」おやじギャグとは違い「場の雰囲気を和ませ、人の心にゆとりをもたらしてくれるもの」と言う。企業向けの社内講師養成コンサルタントとして自社を経営する傍ら、だじゃれの有効活用を薦める「ダジャレンジャー」としても活躍。今年10月には久本小学校に招かれ、国語の一環として初めて授業を任された。「手応えがすごかった。子どもたちって、だじゃれが大好きですよね」と笑顔で振り返る。

 ○…兵庫県出身。5歳からの1年間は米国で過ごした。その後も度々、都内や神奈川県内への引っ越しを経験。「転校の度に新しいクラスメートに馴染むのが大変だった」と話す。「中学のころ、だじゃれをきっかけにクラスに馴染めるようになった。その原体験がいまの活動を始めるきっかけかな」。休日は趣味のスカッシュでリフレッシュ。家庭では、小学生の娘2人のだじゃれに笑わせられることもある。「長女がテレビのリモコンを妹に向け、ボタンを押していた。すると、くるくると踊り出す妹。そこで長女が一言『イモートコントローラー』(リモートコントローラー)」

 ○…将来は介護福祉施設でイベントを開き、高齢者がだじゃれ作りを楽しみながら認知症予防などに役立てられる活動もしたいという。「だじゃれは世界を救う。そう信じている。いつか海外にも広く普及させ『DAJARE』が世界で通用する言葉になると嬉しい」

高津区版の人物風土記最新6

森 繁昭さん

今春、高津区老人クラブ連合会会長に就任した

森 繁昭さん

下野毛在住 75歳

6月21日号

松下 彩花さん

4月のオープンウォータースイミングアジア選手権10Kmの部で優勝した

松下 彩花さん

諏訪在住 26歳

6月14日号

井田 政男さん

多摩川の「アユ釣り」年間の釣果10,000匹を目指す

井田 政男さん

川崎漁協高津地区所属 75歳

6月7日号

中川 美穂さん

どんなもんじゃ祭のチラシを制作する

中川 美穂さん

久地在住 44歳

5月31日号

大橋 雄人さん

大蓮寺の住職でユニークな仏教講座などを企画する

大橋 雄人さん

久本在住 37歳

5月24日号

谷 りりさん

「ごはんソムリエ」としてお米の美味しさを地域に広める

谷 りりさん

区内在住 52歳

5月17日号

ハキマ バトハウイさん

アラブ首長国連邦(UAE)大使館で大使室長を務める

ハキマ バトハウイさん

中原区在住

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え

30日 午後4時から

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その1 加藤 孝市さん

    6月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク