高津区版 掲載号:2015年12月11日号 エリアトップへ

一般社団法人「日本だじゃれ活用協会」の代表理事を務める 鈴木 英智佳(ひでちか)さん 久本在住 40歳

掲載号:2015年12月11日号

  • LINE
  • hatena

わらいはライフワーク

 ○…「あさりの味はあっさり味」「みかんは三日以内に食べましょう」。人と人とのコミュニケーションを円滑にするツールとして「だじゃれ」に着目し、2014年に「日本だじゃれ活用協会」を設立。現在は各地でだじゃれの魅力を伝えるワークショップ「ダジャーレdeござ〜る!」を開催し、全国を飛び回っている。「だじゃれは、語彙力も創造性も必要で奥が深い。毎回皆が楽しんでくれて嬉しいです」

 ○…だじゃれは「自己中心的でうっとうしい」おやじギャグとは違い「場の雰囲気を和ませ、人の心にゆとりをもたらしてくれるもの」と言う。企業向けの社内講師養成コンサルタントとして自社を経営する傍ら、だじゃれの有効活用を薦める「ダジャレンジャー」としても活躍。今年10月には久本小学校に招かれ、国語の一環として初めて授業を任された。「手応えがすごかった。子どもたちって、だじゃれが大好きですよね」と笑顔で振り返る。

 ○…兵庫県出身。5歳からの1年間は米国で過ごした。その後も度々、都内や神奈川県内への引っ越しを経験。「転校の度に新しいクラスメートに馴染むのが大変だった」と話す。「中学のころ、だじゃれをきっかけにクラスに馴染めるようになった。その原体験がいまの活動を始めるきっかけかな」。休日は趣味のスカッシュでリフレッシュ。家庭では、小学生の娘2人のだじゃれに笑わせられることもある。「長女がテレビのリモコンを妹に向け、ボタンを押していた。すると、くるくると踊り出す妹。そこで長女が一言『イモートコントローラー』(リモートコントローラー)」

 ○…将来は介護福祉施設でイベントを開き、高齢者がだじゃれ作りを楽しみながら認知症予防などに役立てられる活動もしたいという。「だじゃれは世界を救う。そう信じている。いつか海外にも広く普及させ『DAJARE』が世界で通用する言葉になると嬉しい」

高津区版の人物風土記最新6

澁谷 直子さん

農業に従事する傍ら、母家を活用したコミュニケーションづくりの場を提供する

澁谷 直子さん

末長在住 45歳

10月18日号

中沢 大輔さん

多摩川緑地バーベキュー広場の統括責任者を務める

中沢 大輔さん

中原区在住 37歳

10月11日号

三鬼 洋二さん

9月5日付で高津警察署長に就任した

三鬼 洋二さん

溝口在住 56歳

10月4日号

佐藤 征一郎さん

9月29日に開演する「民話オペラ」の総監督を務める

佐藤 征一郎さん

末長在住 79歳

9月27日号

秋元 英樹さん

老舗酒屋の三代目として地域イベントなど精力的に盛り上げる

秋元 英樹さん

溝口在住 49歳

9月20日号

樋口 愛さん

先月、セネガルの文化を伝える「着物ショー」を高津市民館で開催した

樋口 愛さん

久本在住 43歳

9月13日号

矢澤 隼人さん

全国消防救助技術指導会「溺者救助」で入賞したチームのひとり

矢澤 隼人さん

高津消防署久地出張所勤務 26歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その1 河原 定男さん

    10月18日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク