高津区版 掲載号:2017年4月28日号 エリアトップへ

薬医門公園が開園10年 あすから端午の節句催し

文化

掲載号:2017年4月28日号

  • LINE
  • hatena

 久本で医業を営んでいた岡家の建造物を整備した久本薬医門公園が今年3月、一般開放されて10年を迎えた。伝統行事や野菜の直売などが行われ溝口のシンボル的な公園として定着している。4月29日(土)から5月5日(金)までは「端午の節句」まつりが開催される。

 久本薬医門公園は、久本で診療所を開業していた岡家の土蔵、薬医門などの建造物を活用し、整備した公園。岡家は、江戸から昭和まで約270年、久本で医業を営み、高津村の村長を務めるなど地域の基盤づくりにも貢献した。

 1994年に都市計画整備により住居は解体。敷地の半分は道路用地となったが、残り半分は活用が決まっていなかった。江戸後期から明治の歴史的建造物を残そうとする地域住民の署名活動もあり、06年に公園整備が行われた。

 公園の管理運営を行うのは、周辺地域の町会や老人会などのメンバーで構成される久本薬医門公園管理運営協議会(三富末雄会長)。同協議会の持田忠康さん(73)は「高齢者と子どもたちのふれあいの場になるように」と、運営方針を話す。

 現在、野菜の直売「さんの市」や「高津公園体操」の会場として利用されるほか、同協議会が主催する「ひな祭り」「七夕」の催しを開催している。

 今年3月のひな祭りは、1500人の来場があった。持田さんは、「少しづつ、輪が広がっていると感じている。参加する子どもたちの成長も見れて嬉しい」と話す。8代目・道孝氏の次女・下永道子さん(83)は「生まれ育った家がこうして残り、地域の皆さんに利用されるのは嬉しい。運営協議会の方たちのおかげです」と話す。

 端午の節句では、地域から寄贈された兜や鯉のぼりが掲げられ、久本陶芸同好会による陶芸展を開催。

 同協議会では、公園や蔵の利用を受け付けている。問い合わせは【電話】044・833・3560持田さん。
 

副会長を務める持田さん
副会長を務める持田さん

高津区版のトップニュース最新6

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

区内に甚大な被害

台風19号

区内に甚大な被害 社会

560件浸水、犠牲者も

10月18日号

経営秘策「川崎BT(ブレイブサンダース)」に学べ

商工会議所高津支所

経営秘策「川崎BT(ブレイブサンダース)」に学べ 社会

「元沢社長セミナー」に40人

10月11日号

準・絶滅危惧種を発見

たかつ生き物探検隊

準・絶滅危惧種を発見 文化

専門家「見かけるのは珍しい」

10月11日号

半世紀経て「神輿復活」

子母口橘樹神社

半世紀経て「神輿復活」 文化

担ぎ手不足も仕様で解消

10月4日号

求む高津の「案内人(ガイドボランティア)」

無料養成講座を開催

求む高津の「案内人(ガイドボランティア)」 文化

「地元に興味持つ契機に」

10月4日号

人材難か?定員6割

高津区民児委員

人材難か?定員6割 社会

最終推薦会向け確保注力

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その1 河原 定男さん

    10月18日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク