高津区版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

橘中 学級新聞で最優秀賞 3年9組、202点の頂点に

教育

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena
新聞委員の竹内さん(左)と北守さん
新聞委員の竹内さん(左)と北守さん

 第43回川崎市立中学校新聞コンクール(主催/川崎市立中学校教育研究会学校新聞部会など)の表彰式が10月末、溝口の市総合教育センターで行われ、橘中学校3年9組が最優秀賞を受賞。そのほか区内5学級が入賞した。

 同コンクールは学級、学校新聞づくりを通して自主的な活動を促進することが目的。今年は市内47校から学級新聞202点、学校新聞10点の応募があった。

目を引く書体に評価

 学級新聞で最優秀賞を受賞した橘中学校3年9組の「サボテン」は書体デザインの質の高さと時期に合った題材の記事が評価された。

 紙面作りのリーダーを担ったのは新聞委員の竹内凜央さんと北守真美さん。受賞に竹内さんは「まさか最優秀をとれるとは思っていなかった」と驚き、北守さんは「賞の重みを徐々に実感していった」と喜んだ。

 学級新聞の発行は毎月1回。B4サイズ、モノクロで発行する。竹内さんと北守さんは、紙面のテーマ決め、ライター依頼、校正、タイトル文字のデザイン、進行管理などを行う。内容はクラスの人紹介や学校行事の実行委員へのインタビュー、クラスのアンケート調査など多彩だ。

 紙面づくりで注力するのは評価された書体のデザイン。竹内さんは「タイトルは大きく、太く、フチをつけて。紙面が引き締まるように『黒』の使い方を意識している」と話す。竹内さんの熱意に影響を受けたという北守さんは「竹内さんに習いながらレタリングを始めた。新聞を楽しみにしてくれる人がいるので嬉しい」と紙面作りの醍醐味を話す。

 学校行事がある時は、直前に発行してクラスの団結力を高めることも。竹内さんは「クラスの人が身近に思えるネタ、人の紹介は関心が高い。多くの人に関わってもらい、楽しんでもらえる新聞にしたい」と話す。

区内5学級が入賞

 高津区内の入賞学級は以下の通り。【奨励賞】高津中3年4組/東橘中1年1組/東高津中1年4組【東京新聞賞】橘中3年8組/西高津中1年3組
 

高津区版のトップニュース最新6

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

区内に甚大な被害

台風19号

区内に甚大な被害 社会

560件浸水、犠牲者も

10月18日号

経営秘策「川崎BT(ブレイブサンダース)」に学べ

商工会議所高津支所

経営秘策「川崎BT(ブレイブサンダース)」に学べ 社会

「元沢社長セミナー」に40人

10月11日号

準・絶滅危惧種を発見

たかつ生き物探検隊

準・絶滅危惧種を発見 文化

専門家「見かけるのは珍しい」

10月11日号

半世紀経て「神輿復活」

子母口橘樹神社

半世紀経て「神輿復活」 文化

担ぎ手不足も仕様で解消

10月4日号

求む高津の「案内人(ガイドボランティア)」

無料養成講座を開催

求む高津の「案内人(ガイドボランティア)」 文化

「地元に興味持つ契機に」

10月4日号

人材難か?定員6割

高津区民児委員

人材難か?定員6割 社会

最終推薦会向け確保注力

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その1 河原 定男さん

    10月18日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク