高津区版 掲載号:2018年4月27日号 エリアトップへ

柔道古賀塾 初の全国少年大会へ 「県代表として正々堂々と」

スポーツ

掲載号:2018年4月27日号

  • LINE
  • hatena
全国に挑戦する7人と古賀塾長(右上)
全国に挑戦する7人と古賀塾長(右上)

 バルセロナ五輪金メダリストの古賀稔彦さんが塾長を務める柔道場「古賀塾」(子母口)が、第38回全国少年柔道大会の神奈川県予選で初優勝し、5月5日に行われる全国大会に初出場する。道場にとって悲願の全国に向け、練習にも熱が入る。

 「全国少年柔道大会神奈川県予選」は県内から選ばれた強豪10道場が出場し、全国への出場権を争うもの。小学5年生2人、6年生3人の5人制のトーナメント戦。古賀塾はこれまで約10年間挑戦してきたが、優勝したことはなかった。

 今回出場したのは先鋒・曽我健太君(小5)、次鋒・山口千弘さん(同)、中堅・青木輝月君(小6)、副将・鏑木克優君(同)、大将・竹内檜君(同)と、補欠の大西輝君(小5)と福島稜君(小6)。主将を務める鏑木君は「1回戦から厳しい相手ばかりだったが、みんなで一致団結して優勝することができた。全国では、神奈川県の代表として、県大会で戦った皆の分まで頑張りたい」と意気込みを語った。

 全国大会は東京の講道館で行われる。古賀塾長は「もちろん勝つことも大切だが、この経験が子どもたちにとって心身の成長の糧になれば。正々堂々と一戦一戦を戦ってもらいたい」と選手たちにエールを送った。

 古賀塾は古賀さんが現役引退後、子母口に15年ほど前に開設。後進の育成や柔道の創始者、嘉納治五郎氏の教え「精力善用・自他共栄」の精神を基礎とした人間育成を目的に指導を行う。未就学児から大人まで約100人が在籍。地元だけでなく遠くは都内から通う塾生もいる。

高津区版のトップニュース最新6

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

コロナ下、運動不足解消を

溝口「ムサシボウル」

コロナ下、運動不足解消を 文化

「健康教室」チャリティ開催

4月9日号

追悼の声、川崎からも

柔道・古賀稔彦さん急逝

追悼の声、川崎からも 社会

多大な功績に謝意

4月2日号

市民提案事業に4団体

高津区

市民提案事業に4団体 社会

学生向けセミナー開催など

4月2日号

「災害対策への要望」増加

高津区

「災害対策への要望」増加 社会

区民ニーズ調査結果公開

3月26日号

ユニークな取組み、高評価

高津区市民健康の森を育てる会

ユニークな取組み、高評価 文化

「かながわ地球環境賞」選出

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク