高津区版 掲載号:2018年4月27日号 エリアトップへ

柔道古賀塾 初の全国少年大会へ 「県代表として正々堂々と」

スポーツ

掲載号:2018年4月27日号

  • LINE
  • hatena
全国に挑戦する7人と古賀塾長(右上)
全国に挑戦する7人と古賀塾長(右上)

 バルセロナ五輪金メダリストの古賀稔彦さんが塾長を務める柔道場「古賀塾」(子母口)が、第38回全国少年柔道大会の神奈川県予選で初優勝し、5月5日に行われる全国大会に初出場する。道場にとって悲願の全国に向け、練習にも熱が入る。

 「全国少年柔道大会神奈川県予選」は県内から選ばれた強豪10道場が出場し、全国への出場権を争うもの。小学5年生2人、6年生3人の5人制のトーナメント戦。古賀塾はこれまで約10年間挑戦してきたが、優勝したことはなかった。

 今回出場したのは先鋒・曽我健太君(小5)、次鋒・山口千弘さん(同)、中堅・青木輝月君(小6)、副将・鏑木克優君(同)、大将・竹内檜君(同)と、補欠の大西輝君(小5)と福島稜君(小6)。主将を務める鏑木君は「1回戦から厳しい相手ばかりだったが、みんなで一致団結して優勝することができた。全国では、神奈川県の代表として、県大会で戦った皆の分まで頑張りたい」と意気込みを語った。

 全国大会は東京の講道館で行われる。古賀塾長は「もちろん勝つことも大切だが、この経験が子どもたちにとって心身の成長の糧になれば。正々堂々と一戦一戦を戦ってもらいたい」と選手たちにエールを送った。

 古賀塾は古賀さんが現役引退後、子母口に15年ほど前に開設。後進の育成や柔道の創始者、嘉納治五郎氏の教え「精力善用・自他共栄」の精神を基礎とした人間育成を目的に指導を行う。未就学児から大人まで約100人が在籍。地元だけでなく遠くは都内から通う塾生もいる。

高津区版のトップニュース最新6

創立50周年、地域と共に

久末小学校

創立50周年、地域と共に 教育

記念式典に多数の来賓

11月15日号

多摩川の景観取り戻せ

アマゾン川崎FC

多摩川の景観取り戻せ 社会

台風被害受け、市民と協働

11月15日号

区内2団体が入賞

川崎市 温暖化対策表彰

区内2団体が入賞 社会

優れたエコ活動に高評価

11月8日号

令和初の栄冠、誰の手に

高校生バンド王 決定戦

令和初の栄冠、誰の手に 文化

「溝ノ口劇場」裏方で尽力

11月8日号

「川崎の歌姫」起つ

台風19号復興支援

「川崎の歌姫」起つ 社会

自身被災も“旗振り役”に 

11月1日号

交通事故死、県内最多2位

高津区

交通事故死、県内最多2位 社会

「2輪車絡み」8割

11月1日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その2 河原 定男さん

    10月25日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク