高津区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

高津高校 全国での活躍誓う 女子ハンドと筝曲部

文化

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
全国制覇を目指す女子ハンド部
全国制覇を目指す女子ハンド部

 高校スポーツ、芸術文化の全国大会「全国高等学校総合体育大会(インターハイ)」と「総合文化祭」に高津高校から1団体、6人が出場、参加する。全国の舞台に挑む生徒たちに抱負を聞いた。

 7月26日に開幕したインターハイには、女子ハンドボール部が出場する。同部の出場は3年連続5回目。過去最高成績はベスト16。目標は全国制覇。

 7人ずつの2チームが相手のゴールにボールを投げ入れて得点を競うハンドボール。同部は、昨年度の全国高等学校選抜大会は県予選で敗退。試合に敗れた悔しさをばねにして「勝つためのチームづくり」を一から見直した。今まで以上に試合映像を繰り返し確認し、チーム、個人の弱点を徹底的に分析。視覚から得た情報を実践、反省するといった習慣を作ることで改善点が浮き彫りになり、練習の質が向上した。今年は守屋葵主将(3年)が「攻撃的なディフェンスを意識して練習に取り組んできた」と話すように課題だった守備面を強化。ゴールキーパーを中心に最少失点に抑える。炭崎佳苗部長(3年)は「インターハイは県予選よりも厳しい戦いになると思う。1戦1戦集中しチーム一丸で勝ち進んでいきたい」と飛躍を誓い、顧問の松永康宏教諭は「苦しい場面でも相手に臆さず立ち向かい、チーム全員が納得できる大会にしたい」と話した。

筝曲部から6人が参加

 筝曲部は25人編成の県選抜チームに6人が選ばれ、8月10日の総合文化祭「日本音楽の部」に参加する。部員の若林美優さん(3年)が「筝曲は吹奏楽のように指揮者がいない」と語るように全体での音の強弱やタイミングを合わせるのが難しい。現在は合同チームの神奈川学園高校と小田原東高校と本番で演奏する「夢の輪」の練習に励んでいる。同曲は現代的で老若男女が親しみやすい曲調となっている。

 選抜チームでは、指導者が変わり最初は戸惑ったが、「音の強弱のつけ方など新しい価値観が備わり勉強になる」とすぐに環境の変化に適応。顧問の武原健明教諭も「各々自主性がでてきた」と生徒たちの成長を実感。高澤もも部長(3年)は「参加できない部員たちの思いを受け継いでいる。順位は出ないが、今まで練習してきたことを信じて堂々と演奏したい」と語った。

大舞台での演奏に臨む筝曲部
大舞台での演奏に臨む筝曲部

高津区版のトップニュース最新6

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

「冬の風物詩」今年も

大山街道ふるさと館

「冬の風物詩」今年も 文化

フェス装い新たに開催へ

2月21日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

「自由通路」6月供用へ

JR南武線津田山駅

「自由通路」6月供用へ 社会

利用者の”悲願”まもなく

2月14日号

リーグ戦一旦中止で「恩返し」

高津親睦ソフト

リーグ戦一旦中止で「恩返し」 社会

地域ボランティア申し出

2月7日号

エジプトから“授業参観”

上作延小学校

エジプトから“授業参観” 教育

「自主性重視」の利点伝える

2月7日号

念願叶え「晴れ舞台」へ

北見方在住石関武之さん

念願叶え「晴れ舞台」へ 文化

全国俳句大会で特選輝く

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その2 斉藤 マキ子さん

    2月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク