高津区版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

全日本回転寿司MVP選手権 三浦三崎港(溝口)増田さん、頂点に 技術、接客ともに高い評価

文化

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena
優勝カップを手にする増田さん
優勝カップを手にする増田さん

 グルメ系回転寿司の日本一を決める「第5回全日本回転寿司MVP選手権」(一般社団法人日本回転寿司協会主催)が6月末に都内で開催され、「まぐろ問屋三浦三崎港マルイファミリー溝口店」の店長、増田裕士さん(35)が総合優勝した。

 増田さんは「憧れの舞台。優勝できるとは思わず驚きでした。応援してくれた会社やお店のスタッフみんなの期待に応えられて嬉しい」と話す。

 同選手権は、技の正確性や美しさ、接客技術を競い、回転寿司職人の日本一を決める。今回は全国から16人が出場した。

 巻物3本、まぐろ5皿、サーモン5皿、軍艦2皿など、時間内に仕上げるにぎり審査と接客技術を見るパフォーマンス審査で競われた。増田さんはパフォーマンス審査で「メバル」の知識と「高齢夫婦が来店しノドに詰まらせた時の対応」を実践。特に体調が悪く倒れこむ客への対応が高く評価され、パフォーマンス部門で1位となった。増田さんは「お客様が何を求めているのか考えることがおもてなし。普段の店での経験がいきた」という。

「伝統も進化も大事」

 増田さんは19歳から寿司職人の世界に入った。「伝統を守りながら、新しい挑戦もでき、お手頃な価格で提供できる」とグルメ系回転ずしの魅力を語る。西洋野菜と合わせた寿司や写真映えする盛り付けなど新しい挑戦も試みている。「365日、寿司のことを考えている。寿司は世界で認められる日本料理。そこに携われるのは嬉しい」と話した。

高津区上作延539-5 

誠実に、お客様に満足いただける良いものをつくる

http://www.choei-k.co.jp

<PR>

高津区版のローカルニュース最新6

多摩川で8編の物語

【Web限定記事】 市内出身中川監督

多摩川で8編の物語 文化

Hulu、ドラマ配信開始

5月7日号

「たまずん」新居で悠々

【Web限定記事】

「たまずん」新居で悠々 文化

カワスイ展示中

5月7日号

下作延で強まる"連帯感"

下作延で強まる"連帯感" 文化

コロナ禍でも「できること」

5月7日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

「春の開放」2年ぶり

「春の開放」2年ぶり 文化

生田緑地ばら苑 23日まで

5月7日号

グッズ制作で地域連携

川崎競馬

グッズ制作で地域連携 社会

年8回プレゼント

5月7日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter