高津区版 掲載号:2018年8月31日号 エリアトップへ

蟹ヶ谷がけ崩れから29年 当時を知る森団長に聞く

社会

掲載号:2018年8月31日号

  • LINE
  • hatena
がけ崩れが起き、救助作業の様子(写真上・高津消防署提供)、当時の新聞記事を見ながら語る森団長
がけ崩れが起き、救助作業の様子(写真上・高津消防署提供)、当時の新聞記事を見ながら語る森団長

 蟹ヶ谷で集中豪雨によるがけ崩れで死者6人、負傷者12人の被害をもたらした災害から今年で29年。二度と同じ悲劇を起こさぬため、区内では災害を風化させまいと活動する人たちがいる。事故当時、現場に駆けつけた現・高津消防団団長の森勝夫さん(73)に話を聞いた。

 がけ崩れが起きたのは1989(平成元)年8月1日の午前3時ごろ。前夜から降り続いた豪雨で斜面が高さ25メートル、幅10メートルにわたって崩れ、住宅がつぶれて住民3人が生き埋めになった。消防団員の森さんが現場に駆けつけた時には消防隊員や警察官が救助作業にあたり、建設業者による特設作業隊も出動していた。「それから団員を呼びに一旦現場を離れて戻ったら『ドドドッ』という轟音とともに斜面が再び崩壊した」。この2次災害で救助にあたっていた消防隊員15人が土砂に巻き込まれた。「その後も夜を徹して救助作業が続いた。30年近い団員活動の中で一番辛い記憶」と振り返る。

 区内では災害を風化させまいと、特設作業隊が毎年の高津、橘地区の防災訓練で当時のパネルを展示したり、消防署、消防団では教訓として語り継いでいる。森さんは「あの悲劇を忘れず、高津でも災害が起きうるということを認識し、地域一丸で防災、減災に取り組むことが大切」と語った。

高津区上作延539-5 

誠実に、お客様に満足いただける良いものをつくる

http://www.choei-k.co.jp

<PR>

高津区版のローカルニュース最新6

多摩川で8編の物語

【Web限定記事】 市内出身中川監督

多摩川で8編の物語 文化

Hulu、ドラマ配信開始

5月7日号

「たまずん」新居で悠々

【Web限定記事】

「たまずん」新居で悠々 文化

カワスイ展示中

5月7日号

下作延で強まる"連帯感"

下作延で強まる"連帯感" 文化

コロナ禍でも「できること」

5月7日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

「春の開放」2年ぶり

「春の開放」2年ぶり 文化

生田緑地ばら苑 23日まで

5月7日号

グッズ制作で地域連携

川崎競馬

グッズ制作で地域連携 社会

年8回プレゼント

5月7日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter