高津区版 掲載号:2019年1月4日号
  • LINE
  • hatena

川崎市職員 時差通勤、3回目試行へ 市内企業に協力呼びかけ

社会

混雑時の武蔵小杉駅(午前8時30分ごろ)
混雑時の武蔵小杉駅(午前8時30分ごろ)

 川崎市は1月21日から10日間、朝の鉄道通勤ラッシュ対策として、職員のオフピーク通勤に取り組む。東京都が進める「時差Biz(ビズ)」の実施期間に合わせて行い、市内団体を通じて民間企業にも参加を働きかけることで、混雑率低減へ向けて広く普及啓発を目指す。

 川崎市役所がオフピーク通勤に取り組むのは2017年11月、昨年7月に続き今回で3回目。1日の勤務時間7時間45分は変更せず、定時の午前8時30分から前後に出勤時間をずらした5つの勤務パターンから職員が自ら選択できる仕組みだ。

 市役所ではこれまで、職員が個人の裁量で時差通勤できる制度を設けておらず、期間を限定して取り組んできた。昨年7月から約1カ月間の取り組みでは、今回と同じく期間を東京都が企業や自治体などと連携して進める通勤ラッシュ対策「時差Biz」と合わせて実施。通勤に鉄道を利用する職員8044人を対象にしたところ、3300人が参加した。

 市はより広い普及啓発のため、オフピーク通勤について参加協力企業の募集に力を入れている。商工会議所など市内の団体を通じ、事業所を市内に持つ民間企業に個別で協力を依頼。時差通勤や在宅勤務を従業員に推奨するなど、取り組みの内容は限定せず実施協力を呼びかけた。現在は13社が参加を表明している。

 市の担当者は「表明がなくてもフレックス制など、取り組んでいる企業はあるはず。オフピーク通勤はより多くの人が一緒に取り組むことにより効果が見込まれる。今後も協力を呼び掛けたい」と話している。

 昨年7月に実施した取組みのアンケート結果によると、参加者のおよそ6割以上が定時より早い時間帯に出勤しており、9時以降に出社したのは3割強にとどまった。混雑については、8時30分以降のほうが「いつもより空いている」と感じる傾向が高い。これを踏まえ今回は、働き方や仕事の進め方改革の動きとも連携し、定時より遅い時間帯に出勤する人の割合を増やしたい狙いがある。

高津区版のトップニュース最新6件

地名から知る「令和の由来」

千年など深く関与

地名から知る「令和の由来」

5月17日号

地元高津で「凱旋の音色」

フルート奏者鈴木菜穂子さん

地元高津で「凱旋の音色」

5月17日号

東京2020に「川崎愛」

元川崎F(フロンターレ)部長天野春果さん

東京2020に「川崎愛」

5月1日号

高津にも「令和商戦」ようやく

今日から新元号

高津にも「令和商戦」ようやく

5月1日号

令和祝い「大道芸」復活

ポレポレまつり

令和祝い「大道芸」復活

4月26日号

有終「平成」に思いを寄せ

もうすぐ新元号

有終「平成」に思いを寄せ

4月26日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

聴きに来て「音楽の祭典」

高津区文化協会

聴きに来て「音楽の祭典」

18日、市民館で研究発表会

5月18日~5月18日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク