高津区版 掲載号:2019年2月8日号 エリアトップへ

今日8日から高津区内で作品展を行う「かわさき七和会」の会長を務める 大島 定男さん 上作延在住 89歳

掲載号:2019年2月8日号

  • LINE
  • hatena

障害乗り越え手にした「自立」

 ○…脳血管疾患などの後遺症で後天的に障害を抱える事となった人や、その家族が集い、共に切磋琢磨しながらリハビリなどに取り組む「かわさき七和会」。高津区をはじめ市内7区の支部に属する約170人のメンバーを束ねるリーダーは「各支部を取り纏める役員や、副会長には本当に感謝しています」と話す。

 ○…自身も65歳の時に脳卒中を発症。それまではベテランの工場長としてバリバリ仕事をこなし、詩吟も嗜むなど謳歌していた暮らしぶりは一転した。後遺症として歩行等にハンディを抱える2級障害者となってからの日常は「これまでと全く異なる人生」といった様相。それでも「とにかく他人に迷惑を掛けずに自立したい!の一心でしたね」と当時を振り返る。

 ○…自ら高い志を胸に機能訓練マシンを備えたデイサービスへ精力的に通うなどする一方、同じような境遇の人達が集う「あおぞら会」(かわさき七和会の高津区支部)の存在を知り、仲間との助け合いや、刺激を受けながらのリハビリの高い効果、さらにはコミュニティづくりの楽しさなどを痛感。「会の活動に自分の生きる道を見出しましたね」と笑顔で語る。その後、あおぞら会の会長を兼務しつつかわさき七和会の会長に就いて約15年。強いリーダーシップを発揮する訳ではなく、自立に繋がるちょっとした取り組みも貪欲に実践したり、会報づくりを買って出たりと「率先垂範」の姿勢を今も貫いている。

 ○…卒寿(90歳)も間近となり、健常者でさえも足腰がおぼつかなくなるケースも珍しくない中、脳卒中という大病を乗り越え、今でも月1回の役員会議に、車いすにさえ乗らずに参加する。それは障害に決して屈せず、弛まぬ努力の積み重ねと向上心で手に入れた「自立した日常」に違いない。

高津区版の人物風土記最新6

樋口 愛さん

先月、セネガルの文化を伝える「着物ショー」を高津市民館で開催した

樋口 愛さん

久本在住 43歳

9月13日号

矢澤 隼人さん

全国消防救助技術指導会「溺者救助」で入賞したチームのひとり

矢澤 隼人さん

高津消防署久地出張所勤務 26歳

9月6日号

鈴木 浩一さん

開館40周年を迎えた「川崎市民プラザ」館長を務める

鈴木 浩一さん

新作勤務 60歳

8月30日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月23日号

清田 敦史さん

高津小学校「おやじの会」会長を務める

清田 敦史さん

溝口在住 45歳

8月16日号

山本 さちこさん

子ども支援を手掛けるかわさき市民団体「Ship」(シップ)代表を務める

山本 さちこさん

北見方在住 49歳

8月9日号

オキ・ジュンコさん(本名:中西淳子さん)

溝口の商業施設内にあるゴミ処理施設のイメージ刷新に尽力したイラストレーター

オキ・ジュンコさん(本名:中西淳子さん)

川崎区在住 43歳

8月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

水曜と金曜は生演奏を

音楽鑑賞

水曜と金曜は生演奏を

洗足音大選抜学生48人  

9月18日~10月4日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その4 宮田  義彰さん

    9月13日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その3 宮田  義彰さん

    9月6日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その2 宮田  義彰さん

    8月30日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク