高津区版 掲載号:2019年3月15日号
  • LINE
  • hatena

2月に発行した「新作風土記」の編集委員会の代表を務めた 宮田 進さん 新作在住 78歳

”新作の心”後世に

 ○…「地元新作で生まれ育ち、新作の風土に育てられてきた。何か恩返しをしたい思いがあった」と執筆した思いを話す。風土記には、歴史や地理のほか、学生時代に父親から聞き、書き留めていた戦時中の話、地域住民の「花見の会」、新作の葬儀など、地域に伝わる慣習や生活の様子を綴っている。「みんなで協力しあう気持ちを持つ地域。そうした風土を後世に伝えておきたい」と話す。

 ○…橘小、橘中出身。幼少期の遊び場は近所の里山。地域の兄貴分に連れられ「春は山百合、秋はアケビや栗の実をとりにいった」と懐かしむ。勉強が分からない時は薬師院の住職「大先生」の元へ。「にこにこ笑い、答えは絶対に教えず、答えの導き方を教えてくれる」。因数分解を理解した時の嬉しさは今でも心に残る。遊びも勉強も新作の人が教えてくれた。

 ○…横浜国立大を卒業後、学校教諭の道へ。教育委員会、教育研究所に20年近く在籍し、教員の学習指導に携わった。伝えていたことは「子どもたちからいくつも答えが出るような質問を」。「大先生」の教えが根底にある。定年前、校長を務めた学校で不登校の子どもがいた。「しっかりケアを」と担任に指導するが、クラス指導、学習研究など現場の教員には限界があった。定年後、退職した教員と不登校児童、生徒の学校復帰を支援する団体を立ち上げた。「現役時代の反省から。少しでも子どもや現場の力になれば」と設立の思いを話す。

 ○…「蝋梅、梅、桜。皆さんの庭に植えられ、新作の春は美しい」と顔を綻ばせる。個人宅の庭で行う「花見の会」は、現在100人を超す住民が参加する。「皆さん手際よく自分の持ち場で力を発揮する。私は一升瓶を手土産にしてね」。自然や人を慈しむ、新作地域の気質を伝え残したい。

高津区版の人物風土記最新6件

ハキマ バトハウイさん

アラブ首長国連邦(UAE)大使館で大使室長を務める

ハキマ バトハウイさん

4月26日号

野村 幸平さん

今月、川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)の館長に就任した

野村 幸平さん

4月19日号

藤原 收(おさむ)さん

今月、高津消防署の署長に就任した

藤原 收(おさむ)さん

4月12日号

佐藤 寿美子さん

国際交流ボランティアの一員として 日本文化のPR役などを務める

佐藤 寿美子さん

4月5日号

重岡 俊行さん

溝ノ口劇場のオーナーを務める

重岡 俊行さん

3月29日号

佐久間 亮さん

ジャズバンド「ザ・ショッキング」のドラマーを務める

佐久間 亮さん

3月22日号

創業52年 株式会社菊池組

℡044-755-7171/川崎市高津区久末2065-3

http://www.kk-kikuchigumi.jp/

<PR>

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

令和の幕明け、笑いで祝う

令和の幕明け、笑いで祝う

溝口でやかん寄席

5月3日~5月3日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 区長かわら版

    区長かわら版

    このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

    4月26日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク