高津区版 掲載号:2019年3月15日号 エリアトップへ

片町交差点 「庚申塔の祠」、修繕が完了 通りの安全見守る象徴

文化

掲載号:2019年3月15日号

  • LINE
  • hatena
修繕された庚申塔
修繕された庚申塔

 昨秋発生した台風の影響で破損した、大山街道踏切近く、片町交差点の「庚申塔(こうしんとう)」の祠(ほこら)の修繕が3月8日に完了した。修繕を取り計らったのは、庚申塔が建つ土地を所有する内田壽一さん(64)。「街の風景として住民に認識されている。お世話しようと思った」と話す。

 庚申塔とは、庚申信仰に基づく石塔のことで、信仰は庚申の日に徹夜して健康長寿を願う。片町の庚申塔は大山街道の道標をかねているとされ、「東江戸」「西大山」、「文化3年」(1806年)と刻まれている。

 内田さんによると、毎年12月29日朝9時、庚申塔に鈴を下げ参拝する慣わしが現在も続いている。由緒は不明とし「先代も先々代も行っていた。車や人の往来が多いので、1年の平穏無事の感謝に」と内田さんは話す。

 庚申塔の向かいで洋菓子店を営む持田和男さん(76)も参拝するひとり。持田さんは「親が毎朝手を合わせていた。通行人がお供えや拝む様子も見かけるので、自然と手を合わせる場所になっているのかな」と話した。
 

高津区版のトップニュース最新6

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

「冬の風物詩」今年も

大山街道ふるさと館

「冬の風物詩」今年も 文化

フェス装い新たに開催へ

2月21日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

「自由通路」6月供用へ

JR南武線津田山駅

「自由通路」6月供用へ 社会

利用者の”悲願”まもなく

2月14日号

リーグ戦一旦中止で「恩返し」

高津親睦ソフト

リーグ戦一旦中止で「恩返し」 社会

地域ボランティア申し出

2月7日号

エジプトから“授業参観”

上作延小学校

エジプトから“授業参観” 教育

「自主性重視」の利点伝える

2月7日号

念願叶え「晴れ舞台」へ

北見方在住石関武之さん

念願叶え「晴れ舞台」へ 文化

全国俳句大会で特選輝く

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その2 斉藤 マキ子さん

    2月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク