高津区版 掲載号:2019年3月29日号 エリアトップへ

引っ越し難民問題 高津区にも影響?ジワリ 転入申請、例年に比べ遅れ

社会

掲載号:2019年3月29日号

  • LINE
  • hatena
転入・転出手続きなどを行う高津区役所の窓口
転入・転出手続きなどを行う高津区役所の窓口

 転勤や進学などで引っ越し需要がピークを迎えるこの季節。だが今年は希望通りの日時に業者を確保できない「引っ越し難民問題」が全国的に生じており、高津区でもその影響か、転入申請のペースが若干遅れている。

入居日、決まらず

 恒常的な人出不足に加え、大手の引っ越し業者の不祥事などが重なり生じているこの問題。業者の確保と共に、ピーク時の料金高騰なども利用者を悩ませている。

 例年、3月から4月にかけては引っ越しシーズンとなるため、高津区でも転入や転出の際に手続きを行う区民課の窓口には多くの人が訪れる。だが今年は前出の事情が影響しているのか、こうした申請件数のペースが上がらないまま新年度を迎えようとしているという。

 区役所の担当職員によれば「この春の転入・転出の正確な件数については5月以降にならなければ判明しないが、現時点(3月下旬)ではここ数年と比べて申請件数は少ないと感じている」と話す。また高津区内の物件を取り扱う不動産業者は「既に決まっている物件でも、特に今年は引っ越しの段取りがなかなか整わず、未だ入居日が確定しない方もいらっしゃいます」と、対応に苦慮する事案も発生している。

10連休まで先延ばしも

 希望通りの日程で引っ越しができない場合、とりあえず最低限の荷物だけを送り届け、転居先で新生活のスタートを余儀なくされるケースも多い。

 実際、区内でも来月から始まる10連休のあたりまで引っ越しを先延ばす事案も見受けられる事から、夏前頃まで影響が及ぶものと考えられている。

高津区版のトップニュース最新6

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

「冬の風物詩」今年も

大山街道ふるさと館

「冬の風物詩」今年も 文化

フェス装い新たに開催へ

2月21日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

「自由通路」6月供用へ

JR南武線津田山駅

「自由通路」6月供用へ 社会

利用者の”悲願”まもなく

2月14日号

リーグ戦一旦中止で「恩返し」

高津親睦ソフト

リーグ戦一旦中止で「恩返し」 社会

地域ボランティア申し出

2月7日号

エジプトから“授業参観”

上作延小学校

エジプトから“授業参観” 教育

「自主性重視」の利点伝える

2月7日号

念願叶え「晴れ舞台」へ

北見方在住石関武之さん

念願叶え「晴れ舞台」へ 文化

全国俳句大会で特選輝く

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その2 斉藤 マキ子さん

    2月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク