高津区版 掲載号:2019年3月29日号 エリアトップへ

引っ越し難民問題 高津区にも影響?ジワリ 転入申請、例年に比べ遅れ

社会

掲載号:2019年3月29日号

  • LINE
  • hatena
転入・転出手続きなどを行う高津区役所の窓口
転入・転出手続きなどを行う高津区役所の窓口

 転勤や進学などで引っ越し需要がピークを迎えるこの季節。だが今年は希望通りの日時に業者を確保できない「引っ越し難民問題」が全国的に生じており、高津区でもその影響か、転入申請のペースが若干遅れている。

入居日、決まらず

 恒常的な人出不足に加え、大手の引っ越し業者の不祥事などが重なり生じているこの問題。業者の確保と共に、ピーク時の料金高騰なども利用者を悩ませている。

 例年、3月から4月にかけては引っ越しシーズンとなるため、高津区でも転入や転出の際に手続きを行う区民課の窓口には多くの人が訪れる。だが今年は前出の事情が影響しているのか、こうした申請件数のペースが上がらないまま新年度を迎えようとしているという。

 区役所の担当職員によれば「この春の転入・転出の正確な件数については5月以降にならなければ判明しないが、現時点(3月下旬)ではここ数年と比べて申請件数は少ないと感じている」と話す。また高津区内の物件を取り扱う不動産業者は「既に決まっている物件でも、特に今年は引っ越しの段取りがなかなか整わず、未だ入居日が確定しない方もいらっしゃいます」と、対応に苦慮する事案も発生している。

10連休まで先延ばしも

 希望通りの日程で引っ越しができない場合、とりあえず最低限の荷物だけを送り届け、転居先で新生活のスタートを余儀なくされるケースも多い。

 実際、区内でも来月から始まる10連休のあたりまで引っ越しを先延ばす事案も見受けられる事から、夏前頃まで影響が及ぶものと考えられている。

高津区版のトップニュース最新6

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

課題解決へ新たな力

たかつ若者ミライ会議

課題解決へ新たな力 社会

「まち協」内に組織発足

6月11日号

「体験重視の寺子屋」広がる

NPO法人SELF

「体験重視の寺子屋」広がる 教育

実績活かし2校目、開講へ

6月4日号

リノベ複合施設竣工へ

NTT溝ノ口ビル

リノベ複合施設竣工へ 社会

地域色前面、「集える場」に

6月4日号

「テントラ音頭」披露

高津区社協

「テントラ音頭」披露 コミュニティ文化

健康寿命日本一目指して

5月28日号

生理用品を無償配布

男女共同参画センター

生理用品を無償配布 社会

区内企業の協力で実現

5月28日号

創業80周年記念キャンペーン中

【平日限定】七五三や家族写真等の記念撮影をお会計時に10%OFF!

044-822-3466

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter