高津区版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

高津合同庁舎 再整備「県負担ゼロ」 建替え完了、業務始まる

社会

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena
「オフィス改革」の概念が取り入れられたのは県の出先機関としては初めて
「オフィス改革」の概念が取り入れられたのは県の出先機関としては初めて

 老朽化により、建替え作業が進められてきた「高津合同庁舎」(溝口1―6―12)の再整備事業がこの程完了した。土地を事業用定期借地権で貸し付け、民間によって再整備される複合施設の一部を県が借り上げる「公民連携手法(PPP)」という制度の活用により県の実質負担はゼロ。既に5月20日から業務が始まっている。

 高津県税事務所およびかながわ労働センター川崎支所、高津暴力相談室が業務を執り行う同所。旧庁舎は1971年に建設され、老朽化に伴う耐震問題などが露呈。2014年度からは民間活力を生かした再整備が検討され、前出「公民連携手法(PPP)」という制度採用を決定。結果約5年の歳月を費やし、県の実質的な負担なしでのリニューアルに漕ぎ着けた。

1、2階に県機関

 新しくなったこの複合施設は5階建て。このうち高津区のほか、中原区、宮前区、多摩区、麻生区を所管する「高津県税事務所」が2階、「かながわ労働センター」「高津暴力相談室」が1階で業務を執り行うほか、上階では公募で選ばれた民間企業が運営するインドアテニススクールが業務を開始。さらに保育所とコンビニもテナントとして入居している。

 またこれらの県機関の再整備に際しては「オフィス改革」という概念を基に、職員のデスク等の配置に柔軟性を持たせ、業務ごとの人員配置にあわせて比較的自由度の高いレイアウトが可能に。さらに一見ごく普通の職場にみえるものの、担当部署の枠組みを超えた職員同士のミーティングがしやすい環境づくりにも配慮するなど、先駆者的な取組が採用されている。

21日にはセレモニーも

 開所を記念し5月21日に実施されたセレモニーには、地元選出の県議会議員などが来賓として出席。式次の中で、県の機関を代表して挨拶に立った武井政二総務局長は、再整備に伴う民間企業ほか関係者に感謝の意を表すと共に、県民のために今後もしっかりと職務を遂行していくことなどを約束。出席者から沢山の拍手が贈られていた。

高津区版のトップニュース最新6

「医療」「介護」橋渡し10年

高津区認知症連携を進める会

「医療」「介護」橋渡し10年 社会

来月には市民公開講座も

7月12日号

国の文化財 登録へ

二ヶ領用水

国の文化財 登録へ 文化

官民一体 「価値高め、後世に」

7月12日号

区内で患者数急増

手足口病

区内で患者数急増 社会

過去20年、同時期で最多

7月5日号

「楽天シニア」高津で始動

シニア向けスマホアプリ

「楽天シニア」高津で始動 社会

健康寿命延伸などに一役

7月5日号

溝口で「50周年の節目」

女子プロボウラー“さわやか律子さん”

溝口で「50周年の節目」 スポーツ

式典成功裏に関係者尽力

6月28日号

詐欺電話遮断に本腰

高津警察防犯協会

詐欺電話遮断に本腰 社会

防止機能機器の購入訴え

6月28日号

「地区割り」大幅見直し

区民生委員改選

「地区割り」大幅見直し 社会

大型集合住宅、単体地区に

6月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その3 加藤 孝市さん

    7月5日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク