高津区版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

高津合同庁舎 再整備「県負担ゼロ」 建替え完了、業務始まる

社会

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena
「オフィス改革」の概念が取り入れられたのは県の出先機関としては初めて
「オフィス改革」の概念が取り入れられたのは県の出先機関としては初めて

 老朽化により、建替え作業が進められてきた「高津合同庁舎」(溝口1―6―12)の再整備事業がこの程完了した。土地を事業用定期借地権で貸し付け、民間によって再整備される複合施設の一部を県が借り上げる「公民連携手法(PPP)」という制度の活用により県の実質負担はゼロ。既に5月20日から業務が始まっている。

 高津県税事務所およびかながわ労働センター川崎支所、高津暴力相談室が業務を執り行う同所。旧庁舎は1971年に建設され、老朽化に伴う耐震問題などが露呈。2014年度からは民間活力を生かした再整備が検討され、前出「公民連携手法(PPP)」という制度採用を決定。結果約5年の歳月を費やし、県の実質的な負担なしでのリニューアルに漕ぎ着けた。

1、2階に県機関

 新しくなったこの複合施設は5階建て。このうち高津区のほか、中原区、宮前区、多摩区、麻生区を所管する「高津県税事務所」が2階、「かながわ労働センター」「高津暴力相談室」が1階で業務を執り行うほか、上階では公募で選ばれた民間企業が運営するインドアテニススクールが業務を開始。さらに保育所とコンビニもテナントとして入居している。

 またこれらの県機関の再整備に際しては「オフィス改革」という概念を基に、職員のデスク等の配置に柔軟性を持たせ、業務ごとの人員配置にあわせて比較的自由度の高いレイアウトが可能に。さらに一見ごく普通の職場にみえるものの、担当部署の枠組みを超えた職員同士のミーティングがしやすい環境づくりにも配慮するなど、先駆者的な取組が採用されている。

21日にはセレモニーも

 開所を記念し5月21日に実施されたセレモニーには、地元選出の県議会議員などが来賓として出席。式次の中で、県の機関を代表して挨拶に立った武井政二総務局長は、再整備に伴う民間企業ほか関係者に感謝の意を表すと共に、県民のために今後もしっかりと職務を遂行していくことなどを約束。出席者から沢山の拍手が贈られていた。

高津区版のトップニュース最新6

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

区内に甚大な被害

台風19号

区内に甚大な被害 社会

560件浸水、犠牲者も

10月18日号

経営秘策「川崎BT(ブレイブサンダース)」に学べ

商工会議所高津支所

経営秘策「川崎BT(ブレイブサンダース)」に学べ 社会

「元沢社長セミナー」に40人

10月11日号

準・絶滅危惧種を発見

たかつ生き物探検隊

準・絶滅危惧種を発見 文化

専門家「見かけるのは珍しい」

10月11日号

半世紀経て「神輿復活」

子母口橘樹神社

半世紀経て「神輿復活」 文化

担ぎ手不足も仕様で解消

10月4日号

求む高津の「案内人(ガイドボランティア)」

無料養成講座を開催

求む高津の「案内人(ガイドボランティア)」 文化

「地元に興味持つ契機に」

10月4日号

人材難か?定員6割

高津区民児委員

人材難か?定員6割 社会

最終推薦会向け確保注力

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その1 河原 定男さん

    10月18日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク