高津区版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

ゲートボールチーム「高津」 15年ぶり全国へ 初の予選突破目指す

スポーツ

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena
全国大会へ出場するメンバー。左から岩崎さん、鈴木さん、三堀さん、譜久山さん、中村さん
全国大会へ出場するメンバー。左から岩崎さん、鈴木さん、三堀さん、譜久山さん、中村さん

 6月に開催される第34回全国選抜ゲートボール大会(公益社団法人日本ゲートボール連合主催)に、区内で活動するチーム「高津」(男子)が出場する。昨年行われた県予選で優勝し出場権を獲得。全国選抜大会に区内のチームが出場するのは15年ぶり。同チームは初の予選突破を目指す。

 ゲートボールは5人1組、2チームで対戦する団体競技。1試合30分、3つのゲートを通過させ、ゴールポールに当てて得点を競う。

 全国大会へ出場するのは、高津区ゲートボール協会などに所属する譜久山勇人さん(30)、三堀忠さん(75)、中村久之さん(73)、岩崎勝一さん(72)、鈴木悠さん(32)。

 メンバーのひとりで、15年前の全国大会に出場している三堀さんは「横浜が強くてなかなか勝てなかった。キャプテンの譜久山君の作戦とチーム力の成果。やっと全国へ出場できる」と喜びを噛みしめる。

 同協会で理事長を務める横山邦子さん(74)は「ゲートボールはひとりの技術が突出していても勝てない。一打のミスが勝敗を左右するもの。チーム全員のタッチ技術が重要」という。

日曜自主練で技術磨く

 その技術を磨くのは、橘公園で毎週水曜日に行う同協会の講習会と毎週日曜日に行うチーム練習。講習会は午前中、日曜日の練習は、朝8時から午後3時頃まで、弁当持参で行っている。

 三堀さんは「もう少し上を目指したいって、自然と始まったもの。以前は夕方までやっていたんだ。練習は全く飽きないね」と話す。練習は10年以上続けている。

 さらに「いかにボールを有利に進めるかがカギ」と、キャプテン譜久山さんの作戦へ信頼を置いているという。「キャプテンは120%信頼している。5人のチームプレーで、前回叶わなかった予選突破を目指したい」と抱負を語った。

 全国大会は6月1日、2日に新潟県燕市で行われる。予選を勝ち上がった男女各48チームが出場し日本一を競う。

高津区版のトップニュース最新6

“映える”高津を探せ

区とたち農推進会議

“映える”高津を探せ 文化

写真展、SNSで作品募集

7月19日号

中核ホテルと共に30周年

高津区内のランドマーク「KSP」

中核ホテルと共に30周年 経済

節目経て、さらなる発展へ

7月19日号

「医療」「介護」橋渡し10年

高津区認知症連携を進める会

「医療」「介護」橋渡し10年 社会

来月には市民公開講座も

7月12日号

国の文化財 登録へ

二ヶ領用水

国の文化財 登録へ 文化

官民一体 「価値高め、後世に」

7月12日号

区内で患者数急増

手足口病

区内で患者数急増 社会

過去20年、同時期で最多

7月5日号

「楽天シニア」高津で始動

シニア向けスマホアプリ

「楽天シニア」高津で始動 社会

健康寿命延伸などに一役

7月5日号

詐欺電話遮断に本腰

高津警察防犯協会

詐欺電話遮断に本腰 社会

防止機能機器の購入訴え

6月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その4 加藤 孝市さん

    7月19日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク