高津区版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

久地円筒分水サポートクラブ 「10年の歩み」1冊に 記念誌で「記憶を記録」へ

文化

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena

 高津区内にある国登録有形文化財として親しまれている「久地円筒分水」(久地1丁目)の維持や管理などにあたるボランティアグループが創立10年目を迎え、これまでの活動を振り返る記念誌を発行した。

 今回「記憶から記録へ」を合言葉に記念誌を作ったのは「久地円筒分水サポートクラブ」(吉田威一郎代表)。二ケ領用水の水を田畑面積に応じて平等に分ける事などを目的に1941年に完成したこの分水装置が一定の役割を終え、市民が集う憩いの場へと変貌を遂げた年(2009年)の翌年、地元有志らで結成された。

地域魅力づくりに貢献

 主な活動は円筒分水の維持や管理。当時12人で発足したメンバーも今では34人を数え「いつでも花が咲いている、手入れが行き届いている、つい足を止めて、眺めたくなる円筒分水周辺を目指し」(資料抜粋)、月1、2回の美化活動を展開。また円筒分水の歴史を今に伝えるガイド役も務めるなど、同所を拠点とするコミュニティーと魅力ある地域づくりの一翼を担ってきた。

 だが一方で、古参メンバーの高齢化など様々な事情から退会する会員も11人を数え、同会発足の経緯やこれまでの足跡などを把握している人も減少の一途を辿ってきた。

 そこで、先人の記憶を記録として残し、今後新たに仲間に加わってくれる人に理解を深めてもらおうと、本来なら満10歳を迎える2020年3月を待たずに「10年の歩み」を記念誌にまとめる作業に着手してきたという。

区役所で閲覧可能

 全編23ページにわたる冊子には「久地円筒分水サポートクラブ」の生い立ちや創立当初の様子、活動の幅を拡げていく様子や組織の変貌などが詳細に記され、さながらモニュメントといった力作。

 吉田代表は「サポートクラブの活動は一見地味ですが、今後も地域の方々にご支援いただきながら、素晴らしい久地円筒分水環境づくりを目指す、その礎(いしずえ)になれば」と話している。この冊子は高津区役所地域振興課(【電話】044・861・3144)などで閲覧することができる。

地元有志などが環境維持等にあたっている
地元有志などが環境維持等にあたっている

高津区版のトップニュース最新6

旧校舎にも愛着持って

高津小おやじの会

旧校舎にも愛着持って 教育

善意の「ペンキ塗り」今年も

8月16日号

二子の補聴器店が優秀賞

かながわ産業Navi

二子の補聴器店が優秀賞 経済

独自の販売手法に評価

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「ゴミ処理スキル」を刷新

マルイファミリー溝口ノクティプラザ

「ゴミ処理スキル」を刷新 社会

稼働3カ月で早くも成果

8月2日号

“住民手づくり”40回

橘ふるさと祭り

“住民手づくり”40回 文化

自治会、団体地域総出で

8月2日号

「教えてお兄さん、お姉さん」

地元の学生が講師を担当

「教えてお兄さん、お姉さん」 教育

橘小「お楽しみ会」定着へ

7月26日号

残暑お見舞い申し上げます

トレッサ横浜 夏イベント!

8/10(土)横山剣(クレイジーケンバンド)ニューアルバム発売記念イベント他

https://www.tressa-yokohama.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その3 青山 昭久さん

    8月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク