高津区版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

開館40周年を迎えた「川崎市民プラザ」館長を務める 鈴木 浩一さん 新作勤務 60歳

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena

「安全・快適な施設」これからも

 ○…市が政令指定都市となった事を記念して誕生した「川崎市民プラザ」は、憩いの場としてのみならず、文化育成や健康増進といった面でも大きな役割を担う総合施設。昨春、館長に就き運営の舵取り等を任うリーダーは「(開館40周年を迎え)引き続き安全・快適に過ごして頂ける身近な施設として、多くの方々に親しんで利用してもらいたいですね」と呼び掛ける。

 ○…赤レンガづくりのモダンな建物は1989年に「かながわの建築物100選」に入るなど、高津区民にとっても誇れる施設へと成長。一時期は将棋の名人戦等も行われるなど、“全国区”のスポットとして名を馳せた。時は流れ、運営も8年前からは指定管理へと移行。館長は主に民間企業3社からなる共同事業体の取り纏めや、川崎市への報告・各種協議の際の窓口役などを担っている。

 ○…運営自体は順調。だが、目下の悩みは「施設の老朽化」なのだとか。音響や空調設備が故障しても半世紀近くも昔の製品では修理部品も既になく「時には自前で製作して対応することもあるんですよ」とニッコリ。

 ○…元々は海外向け機械を取り扱うメーカーの営業マン。売上や利益を長きにわたり追求してきたが「社会に貢献できる仕事をしたい」と再就職を経て現在に至る。自ら強いリーダーシップを発揮するタイプではないが、利用者本位の姿勢を貫き、苦情があれば現場に即フィードバックできる体制づくりなどにも奔走する。

バブル絶頂期の頃と比べれば運営予算などの厳しさは増すばかり。だが、かつてホテルとして稼働していた客室を「趣味の教室会場」として時間貸しで再利用したり、その講座自体も拡充したりと、スタッフの英知を結集して運営を盛り上げるべく日々、努力を重ねている。すべては市民のために-。

<PR>

高津区版の人物風土記最新6

宮寺 貞文さん

「高津区市民健康の森を育てる会」の会長を務める

宮寺 貞文さん

久地在住 72歳

2月28日号

村山 文子 さん

「ステキに映え農フォトコンテスト」で区長賞を受賞した

村山 文子 さん

溝口在住 67歳

2月14日号

菅野 真楠さん

「溝ノ口劇場」2代目支配人に就任した“MAX(マックス)”こと

菅野 真楠さん

千年在住 31歳

2月7日号

石関 武之さん

「第21回NHK全国俳句大会」で約5万作品の中から特選を受賞した

石関 武之さん

北見方在住 78歳

1月31日号

冨田 誠さん

高津区社会福祉協議会の会長に就任した

冨田 誠さん

坂戸在住 71歳

1月24日号

中矢 邦彦さん

古希野球で昨秋全国優勝し、今年連覇を目指す「川崎ブルーソックス」代表の

中矢 邦彦さん

下作延在住 78歳

1月17日号

武笠 太朗さん

地元屈指の「介護スペシャリスト」として各所で活躍する

武笠 太朗さん

坂戸在住 50歳

12月13日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その3 斉藤 マキ子さん

    2月28日号

  • 区長かわら版

    区長かわら版

    このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

    2月28日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その2 斉藤 マキ子さん

    2月21日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク