高津区版 掲載号:2019年12月20日号 エリアトップへ

高津区社協移送サービス事業 親子2代の善意で「継続」へ 区内企業が車両を寄贈

社会

掲載号:2019年12月20日号

  • LINE
  • hatena
3代目レッツ号として活用していく
3代目レッツ号として活用していく

 高津区社会福祉協議会に12月4日、溝口にある造園会社、株式会社みつや園代表取締役の三家護さん(享年79)から自動車が寄贈された。三家さんは自動車を納車する直前、11月に逝去。三家さんの家族は「福祉に有効活用してもらえたら」と話している。

***

 寄贈された自動車はトヨタのシエンタ。高津区社会福祉協議会は寄贈された車両を移送サービス事業で使用する「レッツ号」の3代目として活用していくという。同協議会の冨田誠会長は「寄贈は大変ありがたいこと。三家さんの申し出により、今後も事業も続けていける」と感謝する。

 移送サービス事業とは、高齢者や障害者など歩行が困難な人を対象に、車椅子搬送用自動車で利用者の目的地まで無料で送迎する。1997年から実施され、現在の利用登録者は27人。月平均で8回ほど利用されている。2代目の車両は購入して15年ほど経過していた。冨田会長は「新しい車の購入資金はなく、2代目が動かなくなったら事業打ち切りも検討しなければならなかった。本当にありがたい」と安堵する。

 三家さんから寄贈の申し出があったのは、今年の6月ごろ。三家さんの父、伍辰(ごしん)さんも以前、自動車を同協議会へ寄贈していたことから、「そろそろ新しい自動車が必要なのでは」と連絡がきた。事務局で検討し、移送サービス事業で活用する車両として申し出を受け入れた。

 同事業で7年間、運転ボランティアの活動を行う山下浩さん(72)は「区内は細い道も多い。車が大きく運転をあきらめた方もいる。今回の車は小回りもききそうで、運転が苦手な方も安心なのでは」と喜んだ。

 三家さんの妻、昭子さん(76)は「できるだけ多くの方に役立ててもらいたいという思いで寄贈していた。有効活用してもらえれば本人も喜ぶと思う」とコメントした。

車椅子ごと乗車できる
車椅子ごと乗車できる

高津区版のトップニュース最新6

コロナ禍「お互い様」精神で

高津区社会福祉協議会

コロナ禍「お互い様」精神で 社会

食料150人分を無料配布

4月16日号

「溝劇」と強力タッグ

NPO法人「ダンス ラボラトリー」

「溝劇」と強力タッグ 文化

コロナ禍、活動の幅に期待

4月16日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

コロナ下、運動不足解消を

溝口「ムサシボウル」

コロナ下、運動不足解消を 文化

「健康教室」チャリティ開催

4月9日号

追悼の声、川崎からも

柔道・古賀稔彦さん急逝

追悼の声、川崎からも 社会

多大な功績に謝意

4月2日号

市民提案事業に4団体

高津区

市民提案事業に4団体 社会

学生向けセミナー開催など

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク