高津区版 掲載号:2020年4月10日号 エリアトップへ

少年消防クラブ 石橋さんが総務大臣賞 指導者として高津区初

文化

掲載号:2020年4月10日号

  • LINE
  • hatena
伝達式で表彰された石橋さん(左)と藤原收署長
伝達式で表彰された石橋さん(左)と藤原收署長

 高津地区少年消防クラブの運営委員長を務める石橋明彦さん(下作延在住)が優良な指導者に贈られる総務大臣賞を受賞し、3月31日、高津消防署で伝達式が行われた。少年消防クラブ指導者が総務大臣賞を受賞するのは区内初。

 少年消防クラブは、児童に防火、防災意識を高めてもらうことを目的に全国で結成されている。

 高津地区少年消防クラブは1991年に発足。運営委員の委員長を務める石橋明彦さんは13年ほどクラブに携わっている。今回の受賞に「子ども会の協力や家族の理解、いつもエネルギーをくれる子どもたちに感謝したい」と話す。

命の大切さ伝え

 同クラブの活動は1年間に5、6回。石橋さんは「活動を通じ、命の大切さを伝えたい」と話す。活動には米軍基地(横須賀市)や市消防航空隊ヘリポート、都内防災体験施設の見学などさまざまなプログラムを盛り込む。石橋さんは「米軍基地では実際の火を消す訓練を行う。学校では体験できないし、何より子どもたちが生き生きと活動する」と話す。マンネリ化にならないよう、新しいプログラムを消防署に提案している。

 クラブの卒業生には、川崎市の消防士として活躍する人もいる。「ものすごく嬉しいし、1人でも多くの子どもに『命の大切さ』が伝わるよう活動したい」と話す。

 総務大臣賞は全国の優良な少年消防クラブ、指導者に毎年授与される。今年の受賞者は指導者14人、28クラブだった。全国のクラブ数は4442クラブ、指導者は約1万4000人(2019年5月1日現在)。

 高津区の少年消防クラブは、高津区子ども会連合会が主体となり運営。活動期間は1年間。小学生高学年を対象に、高津地区、橘地区に分かれて隔年で活動している。高津地区少年消防クラブは2015年度に総務大臣賞を受賞している。

高津地区少年消防クラブの活動(写真は過去の様子)
高津地区少年消防クラブの活動(写真は過去の様子)

高津区版のトップニュース最新6

テイクアウトPRに一役

シェアスペース「ノクチラボ」

テイクアウトPRに一役 文化

地元飲食店に無償提供

5月22日号

「医療現場で役立てて」

区内・坂戸ホテルKSP

「医療現場で役立てて」 社会

シャワーキャップを寄贈

5月22日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 教育

代替案急務も現場頼み

5月15日号

垣根超え 飲食店応援

二子新地2商店会

垣根超え 飲食店応援 文化

「持ち帰り」マップ発行

5月15日号

「感染時の混乱」防ぐために

新型コロナウイルス

「感染時の混乱」防ぐために 社会

集合住宅で対応策検討

5月1日号

「不安・危険」4割、対策へ

市外国人意識調査

「不安・危険」4割、対策へ 社会

国籍や治安で実感、増加

5月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 溝ノ口劇場

    溝ノ口劇場

    クラウドファンディング「小劇場エイド基金」にご協力ください

    5月22日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク