高津区版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

じもと応援券 3次販売、窓口に行列 4日間で22万冊販売

経済

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena
かわさききたテラス前で販売開始を待つ人たち=19日午前9時50分
かわさききたテラス前で販売開始を待つ人たち=19日午前9時50分

 川崎市が地域経済活性化を目的に発行するプレミアム商品券「川崎じもと応援券」が10月15日、3次販売を開始。好調な売れ行きをみせており、販売初日の15日は市内で10万冊以上、18日までに合計約22万冊(速報値)が売れた。19日朝も販売開始時間前から長い行列ができる窓口があった。

 市の担当者は「短期間でここまで売れるとは予想しなかった」と驚きを隠さない。6月に開始した1次募集では87万冊の販売予定に対し購入申し込みは3割に届かなかった。2次募集でも販売数は大きく伸びず、約36・5万冊にとどまり、10月15日時点で約48・8万冊が売れ残っていた。

 市の担当者は好調な売れ行きの理由を利用店舗数が18日時点で4479店舗と増加したこと、事前申し込みをなくし、直接販売で買いやすくなったこと、1人5冊までだった購入冊数を1回10冊とし、実質上限がなくなったこととみている。

 2次募集に続き購入した川崎区の女性は「利用できる店舗が増えて使いやすくなった。まとめ買いしてお風呂のリフォームも考えようかしら」と話した。川崎区の時計店のオーナーは「応援券を利用して安くない時計修理をしようという人が増えている」と話すなど、高額なものへの利用を目的として購入する傾向もみられる。

 市の担当者は「大量にご購入いただいた人もいる。より多く使ってもらうことで、地域経済を支えていただければ」と話している。

高津区版のローカルニュース最新6

在宅医療を学ぶ

在宅医療を学ぶ 社会

訪問診療医が講演

10月22日号

一日限定「美唄フェア」

一日限定「美唄フェア」 社会

23日 久地・日本理化学で

10月22日号

写真スポットがお目見え

梶ヶ谷「樹音」

写真スポットがお目見え 社会

ハロウィーン向けに設置

10月22日号

ジャイアンツJrに選出

久本BA入江諒太さん

ジャイアンツJrに選出 スポーツ

12球団選抜大会出場へ

10月22日号

シャンソンの歌声を

シャンソンの歌声を 文化

27日 すくらむ21

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook