多摩区版 掲載号:2011年2月25日号
  • googleplus
  • LINE

多摩市民館で開催するガーデニング講座の講師で「グリーンライフ・タカ」のオーナー 深町 貴子さん 南生田在住

植物で幸せをシェア

 ○…ガーデニング講座「”花”あふれる多摩区を」の講師のひとり。ガーデニングやボランティアに関心のある30人を対象に今月17日から3回の講座で講師を務める。同講座のテーマは「仲間を作り、草花を育て、みんなで幸せになろう」。園芸療法の視点も取り入れながら誰もが癒されて安らぐ憩いの空間づくりを提案する。最終日は多摩区役所のスペースを使って屋外実習を行う。

 ○…幼い頃から植物を扱う仕事をしようと決めていた。きっかけは病弱な体だった。「毎日寝たきり。同情されることが辛かった」。そんなある日、窓から見える季節が変化していることに気付いた。変わり様を家族に教えると「へえ、そうなの」と喜んでくれた。「学校に行けなくても、伝えられることがあるとわかって嬉しかった」。以来、自分に喜びをもたらした植物が大好きになった。

 ○…東京農業大学短期大学部卒業後、母の園芸店を手伝うが、観賞用だけではない楽しさを伝えたくて独立。ノウハウばかり覚えがちな育て方も独自のやり方で行うようになった。例えば、対応に困ったときは植物に聞いてみるという。「草木の言葉はサイン。見て、触れて、考えれば必ず答えてくれるから」。虫がついた、果実が実らないなどトラブルに対しても怒るのではなく、なぜ?と考えれば嫌だと感じていたことも楽しくなる。「植物を育てる幸せを多くの人とシェアしていきたい」

 ○…3月下旬には5冊目となる園芸本「〜おいしく育つしくみがひと目でわかる〜ベランダで楽しむ野菜づくり」を出版する。植物からのメッセージとその対処法や育て方を記した。「植物の言葉」も綴られており、「新しいタイプの園芸本ができた」と自信を覗かせる。NHKの朝の情報番組にもレギュラー出演と活躍の場が広がっている。「学ぶことは無限にある。真摯に活動して人と植物の輪を広げていくのが使命」
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6件

縄 浩太郎さん

JR登戸駅長に先月着任した

縄 浩太郎さん

3月16日号

関山 弘志さん

「川崎多摩盆栽会」の会長として後進育成に努める

関山 弘志さん

3月9日号

上谷 光彦さん

日本洗車技術指導協会の代表で、多摩区で高齢者雇用の取り組みを始めた

上谷 光彦さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

北見 純一さん

多摩区内で唯一のイチゴ農園「BUNKAEN」を開いた

北見 純一さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として、第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク