多摩区版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

8月3日に開かれる生田緑地サマーミュージアムの実行委員会の委員長を務める 黒崎 泰由さん 登戸在住 41歳

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena

人と人をつなぐ調整役に

 ○…今年で7回目を迎えるサマーミュージアム。生田緑地を野外博物館に見立てて3つの文化施設を中心に催しを開き、コンサートや環境のイベントが繰り広げられる。実行委員長になって2年目。「昨年の来場者数は約1万人。今年は更に多くの人に来てもらいたい」と意気込む。実行委員は行政職員や市民団体のメンバー、指定管理者、学生など総勢100人にもなる。昨年秋から会議を重ねてきた。「こんな都心に緑がある。生田緑地の良さを引き出して、魅力を伝えたい」

 ○…生田緑地を会場に行われる他のイベントと差別化を図るため、実行委員会ではコンセプトを話し合い、「まち・自然・文化の輪」というキーワードを選出した。その3つが一つの輪としてつながっていることを表現するのが今回の狙いだ。ボランティアスタッフを含めると、係わる人のつながりは大きく広がる。「毎年恒例となり、イベントを盛り上げようという連帯感が生まれてきている」と手応えを感じている。

 ○…19歳の頃、登戸に移り住んだ。幼い頃から音楽が好きで、現在は登戸でボーカルスクールを営む。地元での飲み仲間が増えるにつれ人脈が増え、気がつけば地域のボランティアグループの一員として活動していた。「地元のアーティストや音楽人を応援したい」という気持ちで同実行委員会に参加したのは5年前。「準備をして訪れた人に好評だと嬉しい。達成感がある」

 ○…揉め事がとにかく嫌い。好きな言葉は「人類みな兄弟」。会議でメンバー同士の意見がぶつかることがあっても、何とか落としどころを見つけ出す。「人と人をつなぐのは得意。自分は調整役」と言い切る。委員長として心掛けているのは、新しいメンバーを受け入れ、新しい意見を取り入れること。初の試みとしてテーマソングの作成やフィナーレのステージも企画した。「できないこともあるけど、無難にならないようチャレンジしていきたい」

多摩区版の人物風土記最新6

山田 朗(あきら)さん

明治大学教授で、開館10周年の登戸研究所資料館で館長を務める

山田 朗(あきら)さん

多摩市在住 63歳

8月14日号

石崎 徹さん

剣道クラブ「剣桜会」の指導部で、オンライン稽古の企画に携わった

石崎 徹さん

菅城下在住 51歳

8月7日号

渡邉 和子さん

「わけがありますくプロジェクト」でイラストやウェブ制作を手がける

渡邉 和子さん

長沢在住 51歳

7月31日号

大津 博之さん

多摩区子ども会連合会の会長を務める

大津 博之さん

宿河原在住 62歳

7月24日号

清田 陽助さん

多摩川を題材にしたミニアチュール(細密画)作品を手がける

清田 陽助さん

市内在勤 34歳

7月17日号

小川 聖子(せつこ)さん

デュオ「J&S陽だまりコンサート」で、音楽を通じた地域活動を続ける

小川 聖子(せつこ)さん

枡形在住 71歳

7月10日号

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク