多摩区版 掲載号:2015年5月22日号 エリアトップへ

銀鱗光らせジャンプ 多摩川のアユが遡上

社会

掲載号:2015年5月22日号

  • LINE
  • hatena
ニケ領上河原堰に設置された魚道を跳ね上がるアユ(写真は調布市側で5月13日撮影)
ニケ領上河原堰に設置された魚道を跳ね上がるアユ(写真は調布市側で5月13日撮影)

 6月1日のアユ釣りの解禁を控え、多摩川の二ヶ領上河原堰では上流をめざすアユが銀鱗を光らせ魚道を跳ね上がっている。

 この天然アユは、今や清流を取り戻した多摩川のシンボル。1990年頃から遡上数が増加し、多い年には200万尾を超えるほど。

 川崎河川漁協組合の総代で淡水魚類・魚道研究家の山崎充哲さんによると、現在のアユの体長は5〜10センチ。数は例年に比べて半分程度とみていて、「この冬の寒暖の差が大きかったことで海と川のバランスが崩れたのではないか。原因を特定するのは難しい。カワウやブラックバスに捕食されるのが心配」という。ただ、「数が少ない分、大きく成長するのではなか。今年は塩焼きにできるほどのサイズが多く釣れるはず」と期待を寄せる。

 市内の多摩川で釣りを楽しむためには同漁協組合が発行する遊漁券の購入が必要となる。アユ釣りは1日券1000円。遊漁期間は10月14日までと12月の1カ月間。

多摩区版のローカルニュース最新6

オケや合唱バレエ集う

市民芸術祭・舞台

オケや合唱バレエ集う 文化

2月21日号

母の「看取り」演じる

母の「看取り」演じる 文化

俳優・水島涼太さん 市内で初公演

2月21日号

ネット申告をPR

ネット申告をPR 経済

ボクサーが西税務署に

2月21日号

「安心した」が率直な気持ち

小金沢昇司さん 特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

2月21日号

「はなもす」今年も

区観光協会

「はなもす」今年も 文化

巻頭特集でオリパラ

2月21日号

4カ国、多摩区で交流

清掃体験と農家めし

4カ国、多摩区で交流 社会

2月21日号

要支援以上は7768人

多摩区高齢者人口

要支援以上は7768人 社会

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク