多摩区版 掲載号:2015年5月22日号 エリアトップへ

銀鱗光らせジャンプ 多摩川のアユが遡上

社会

掲載号:2015年5月22日号

  • LINE
  • hatena
ニケ領上河原堰に設置された魚道を跳ね上がるアユ(写真は調布市側で5月13日撮影)
ニケ領上河原堰に設置された魚道を跳ね上がるアユ(写真は調布市側で5月13日撮影)

 6月1日のアユ釣りの解禁を控え、多摩川の二ヶ領上河原堰では上流をめざすアユが銀鱗を光らせ魚道を跳ね上がっている。

 この天然アユは、今や清流を取り戻した多摩川のシンボル。1990年頃から遡上数が増加し、多い年には200万尾を超えるほど。

 川崎河川漁協組合の総代で淡水魚類・魚道研究家の山崎充哲さんによると、現在のアユの体長は5〜10センチ。数は例年に比べて半分程度とみていて、「この冬の寒暖の差が大きかったことで海と川のバランスが崩れたのではないか。原因を特定するのは難しい。カワウやブラックバスに捕食されるのが心配」という。ただ、「数が少ない分、大きく成長するのではなか。今年は塩焼きにできるほどのサイズが多く釣れるはず」と期待を寄せる。

 市内の多摩川で釣りを楽しむためには同漁協組合が発行する遊漁券の購入が必要となる。アユ釣りは1日券1000円。遊漁期間は10月14日までと12月の1カ月間。

多摩区版のローカルニュース最新6

住民ら 愛注ぐバラの道

アクセスロード

住民ら 愛注ぐバラの道 社会

花壇ボランティアの会

5月20日号

生田緑地の写真並ぶ

生田緑地の写真並ぶ 文化

せせらぎ館で31日まで

5月20日号

2年半ぶり生歌届け

2年半ぶり生歌届け 文化

yucat 東京公演に230人

5月20日号

県銘菓を一挙公開

共励会

県銘菓を一挙公開 経済

特設ウェブページで

5月20日号

親子で夏休み見学会

水とかがやく未来館

親子で夏休み見学会 教育

5月20日号

宇都宮と準決勝、今年も

バスケB1川崎

宇都宮と準決勝、今年も スポーツ

あすから ホーム等々力で

5月20日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook