多摩区版 掲載号:2015年11月27日号 エリアトップへ

「成長と成熟調和」10年戦略 市が総合計画第1期素案

政治

掲載号:2015年11月27日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は13日、新たな総合計画を推進する第1期実施計画素案を発表した。めざす都市像を「成長と成熟の調和による持続可能な最幸のまち かわさき」と掲げ、拠点整備や地域ケアシステムの構築、子育て支援などの目標を定めた10年戦略を設定した。東京オリンピック・パラリンピックを見据えたシティセールスも推進する。

 総合計画とは、地方自治体にとって行政運営の総合的な指針となる計画。すべての計画の最上位に位置付けられる。新たな総合計画の策定は05年3月の川崎再生フロンティアプラン以来10年ぶり。

 新たな総合計画は▽30年後を展望し、めざす都市像を示す「基本構想」▽10年間を対象に基本政策の方向性を示す「基本計画」▽中期の具体的な取組を示す「実施計画」――の3つから構成される。市が今回発表したのは2016年度から17年度までの具体的な取組を示す第1期実施計画。

 策定にあたり、少子高齢化や人口減少への転換、都市インフラの老朽化、産業経済の環境変化、災害対策などを課題に挙げ、基本政策をまとめた。中長期的な課題に対応するため、7つの戦略に分類し、「成長」「成熟」「基盤づくり」の段階に分けた。

 例えば、拠点整備や都市計画道路の整備などを盛り込んだ「もっと便利で快適な住みやすいまちをめざす」戦略は「成長」と位置付けた。また待機児童ゼロの維持や中学校の完全給食などを盛り込んだ「どこよりも子育てしやすいまちをめざす」戦略は「成熟」と位置付けた。

小児医療助成拡大へ

 実施計画の具体策として高齢者支援の分野では、団塊の世代が75歳以上となる25年を見据え、地域包括ケアシステムの理解促進に向けた普及啓発のほか、特別養護老人ホームや認知症高齢者グループホームの整備拡充、要介護度の維持・改善を図った事業者にインセンティブを付与する仕組みづくりなどに取り組む。

 また子育て分野では、通院時の小児医療費の助成を拡大する。助成対象を16年4月に小学校2年生から3年生に引き上げ、17年4月に6年生に引き上げることを明記した。公立保育所の民営化や子どもを取り巻く新たな課題に対応した(仮称)子ども・若者ビジョンの実施などに取り組む。

 拠点整備や交通面では、これまでと同様に川崎駅・武蔵小杉駅・新百合ヶ丘駅を広域拠点と位置づけ、民間開発事業の誘導や促進を図る。臨海部の整備を見据えた羽田連絡道路整備や緊急渋滞対策などを急ぎ、17年度には総合都市交通計画を見直す。

 都市イメージの向上を図るため、20年の東京オリンピック・パラリンピックや24年の市制100周年を見据え、各種メディアを活用したシティプロモーションも推進する。

パブリックコメント

 川崎市は現在、市民からの意見を受け付けるパブリックコメントを実施している。素案は市のホームページのほか、各区役所の閲覧コーナーや各市民館などで見ることができる。12月14日まで。

多摩区版のトップニュース最新6

「よむよんで」一話ずつ

【Web限定記事】

「よむよんで」一話ずつ 教育

多摩区在住・はらさん 児童文学をウェブ公開

5月22日号

待機児童12人、多摩区ゼロ

【Web限定記事】川崎市

待機児童12人、多摩区ゼロ 社会

未就学児減少も申請増加

5月22日号

緑の保全で大臣表彰

多摩区2団体

緑の保全で大臣表彰 社会

三田第2公園と生田緑地内

5月15日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 教育

代替案急務も現場頼み

5月15日号

「不安・危険」4割、対策へ

川崎市外国人意識調査

「不安・危険」4割、対策へ 社会

【Web限定記事】国籍や治安で実感、増加

5月8日号

「地元の味、守りたい」

有志・商店会

「地元の味、守りたい」 社会

区内飲食店 応援進む

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日19:24更新

  • 5月15日7:33更新

  • 5月9日8:03更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク