多摩区版 掲載号:2016年5月20日号 エリアトップへ

子育てスペースを運営する市民グループ「こつぶっこ」の代表を務める 市川 千恵子さん 東三田在住 66歳

掲載号:2016年5月20日号

  • LINE
  • hatena

親子に寄り添う活動続け

 ○…「子どもの遊びを見守りながら親同士でおしゃべりをして、子育ての経験談やちょっと気になることを話せる時間と場所を作りたかった」。子育てオープンルーム「こつぶっこ」を2011年に設立し、今年で5年目。市民館の児童室に、多いときは20組ほどの未就学児の親子が集まる。「保育者がおせっかいをやくのではなく、同世代の子を持つ親同士で自然と仲良くなってほしい」

 ○…発足のきっかけは、区内で起きた痛ましい事件。母親が育児を苦に自らの子をあやめたというニュースだ。「身近な場所で、多摩区はNPOや支援団体も多いと思っていたのに防げなかった。何かできることがないかと思った」と振り返る。親子で触れ合いながら、母親が気持ちを小さく気軽につぶやける場所にしたいと「こつぶっこ」と命名した。「先輩ママに『そんなこと、子どもが大きくなればなんてことないよ』と言われるだけで気が軽くなることもある。そういうことが大切」

 ○…東京都出身。結婚を機に川崎市に移り住んだ。マンモス団地だったため、近くの公園に集まる子育て世代の主婦たちで、青空保育をスタートさせた。外遊びや工作、お絵かきなど、工夫して保育に取り組むうちに、仲間との交流も深まっていった。自身の子育てでつらい時期があっても、保育仲間がいたから乗り越えられた。「子育ての悩みを正直に話せる相手がいた。聞いてくれる人がいてくれて、ありがたかった」

 ○…30年以上続けている子育て支援のほかにも、食生活や体操などさまざまな分野のまち活動に携わる。「いろんな人と知り合えることで、私自身も成長できると感じている」。「こつぶっこ」の最終目標は、親同士が仲良くなって子どもの預け合いができるようになること。「赤ちゃんと二人きりで家でこもっている人に存在を知ってほしい。生活の一部として通える場所にしたい」

多摩区版の人物風土記最新6

小野寺 菜菜さん

2月6日と7日に開催する「第10回たま音楽祭」で、学生代表を務める

小野寺 菜菜さん

専修大学 文学部 19歳

1月22日号

原 嘉孝さん

ジャニーズJr.で、舞台「両国花錦闘士」の主演を務める

原 嘉孝さん

中原区出身 25歳

1月15日号

武本 ヴァンさん(本名:武本美文)

中野島出身のお笑いコンビ 「サイダー」として活動する

武本 ヴァンさん(本名:武本美文)

中野島在住 19歳

1月8日号

水岡 ともやさん(本名:水岡友弥)

中野島出身のお笑いコンビ 「サイダー」として活動する

水岡 ともやさん(本名:水岡友弥)

中野島在住 20歳

1月1日号

白崎 隼樹(じゅんき)さん

川崎新田ボクシングジム所属で、先月のプロデビュー戦を勝利で飾った

白崎 隼樹(じゅんき)さん

中野島在住 28歳

12月18日号

島岡 功さん

「小沢城址里山の会」の3代目会長を務める

島岡 功さん

菅在住 81歳

11月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク