多摩区版 掲載号:2018年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

ブレークダンスで10月のユース五輪出場を目指す 河合 来夢(らむ)さん 百合丘高校(南生田)1年 16歳

明るさと遊び心、貪欲に

 ○…頭や手足を使って軽やかに跳んで回り、主に一対一でダンスを披露し合うユース五輪の新種目、ブレイキン(ブレークダンス)。先月のアジアユース大会を制し、5月20日に地元川崎で開催される世界最終予選に臨む。「大舞台を重ねて気持ちに余裕が出てきた。遊び心を忘れずに、もっと楽しんで踊りたい」。158センチの体をフル稼働し、14歳から18歳が競うユース五輪の出場権を狙う。

 ○…母親の勧めで、習いごと感覚で川崎駅そばのスタジオに5歳から通い始め、小4からはヒップホップも経験。中1のとき、プロダンサーらが集う憧れのチーム「フローリアーズ」のメンバーから指導を受け、中3から同チームのアカデミー1期生に。週3日はレッスンに通う中で「ダンスに関わり続けたい」という思いが、次第に強くなっていった。アカデミーを卒業して昨年4月、異例の早さで悲願だったチームの正式メンバーに抜擢。10月には史上初の世界大会3連覇を仲間と共に味わった。

 ○…「思い立ったら、やりたいことを一生懸命にやるだけ」。持ち味は気持ちの強さだが、中学生時代は同世代の男子に負け続けた時期があった。「頭が固くて、オリジナリティが出せずに焦ってばかりだった」。チームのメンバーをはじめ多くの人にアドバイスを聞き、試行錯誤を繰り返した。「考えた振り付けをただ踊るだけじゃダメ。もっと楽しく踊りなよ」。そんな声を受けて、単調になりがちだったリズムや速度に強弱をつけられるようになり、表現の幅がぐんと広がった。

 ○…「遠征費がかかるから」と焼肉店でアルバイトし、週5日は練習に打ち込む。「明るく楽しくなる音楽が好き」。ダンス一筋の日々だが、邦楽の「back number」や西野カナを聴いて気分転換も。ダンスを続け、将来は数学か体育の中学校教員になるのが夢。「教えることは自分にとっても勉強になる」。楽しみながら、階段を駆け上がる。

多摩区版の人物風土記最新6件

松井 隆一さん

NPO法人多摩川エコミュージアムの代表理事を務める

松井 隆一さん

4月20日号

鈴木 和久さん

生田緑地を運営する共同事業体の統括責任者に、今月着任した

鈴木 和久さん

4月13日号

井々井(いいい) 楠梨(くすり)さん(本名:前田 和宏さん)

加藤 宗一さん

神奈川県フロアボール連盟の会長で、日本代表や市内チームの監督を務める

加藤 宗一さん

3月30日号

原田 弘さん

全国大会で優良団体として表彰を受けた(一財)多摩交通安全協会で会長を務める

原田 弘さん

3月23日号

縄 浩太郎さん

JR登戸駅長に先月着任した

縄 浩太郎さん

3月16日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク