多摩区版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

JR登戸駅長に先月着任した 縄 浩太郎さん 横浜市在住 57歳

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena

「ありがとう」に心揺れ

 ○…温泉のまち湯河原駅から、小田急線とJR南武線の乗換駅としてにぎわう登戸駅にやってきた。「鉄道として当たり前のことだが、安全で安定した輸送に力を注ぐ」。着任後すぐに、地元有志による新旧駅長の歓送迎会が開かれ、小田急登戸駅長をはじめ商店会や観光協会の役員らと親睦を深めた。「今までのように小田急登戸駅との連携はもちろん、地域の皆さんの期待に応えられるよう一緒に地元を盛り上げていきたい」。会心の笑みを見せる。

 ○…生まれ育ちは横浜市。「子どもの頃から旅行とか、電車で遠くに行くのが好きだった」。大学では史学科で学び、憧れだった当時の日本国有鉄道(国鉄)に入社。「鉄道のおまわりさん」にあたる鉄道公安職員に就いた。駅で2年ほど勤めた後、登用試験にパスしたが、1987年に国鉄が民営化。「鉄道か警察か、どちらかを選ばなくちゃいけなくて」。熟考の末、駅で働く道を選んだ。

 ○…これまで横浜支社や数多くの駅を渡り歩き、駅長として二宮、湯河原で勤務。参加者を募り、電車やバスの添乗員に従事する旅行企画のほか、文書や危機管理に携わる総務畑を歩んできた。中野、品川の駅勤務時代には、乗客の忘れ物対応で「ありがとう」の一言の嬉しさが胸に刻まれた。「電車や駅構内の忘れ物は多いけれども、お客さんにとっては大事なこと。誠心誠意、真心込めて対応すれば、記憶にも残る。大切なのは『当たり前』から一歩踏み込んだサービス」。強い信念をにじませる。

 ○…息子が通学するのは、偶然にも駅近くの専修大学生田キャンパス。生田緑地や藤子・F・不二雄ミュージアムも近くにある登戸駅は、国内外から多くの観光客が訪れる拠点だ。「小田急と一緒に力を合わせて、地域密着で愛される駅を目指す」。ゆくゆくは「湯河原と登戸の住民がお互い行き来できれば。それが鉄道の醍醐味」。密かな夢を胸に、一歩ずつ前に進む。

多摩区版の人物風土記最新6

中山 紳一さん

公益財団法人川崎市スポーツ協会の会長に就任した

中山 紳一さん

中原区在住 58歳

8月23日号

渡邉 直美さん

公益財団法人川崎市生涯学習財団の理事長に、6月に就任した

渡邉 直美さん

枡形在住 63歳

8月9日号

根本 星来(せいら)さん

専修大学少年少女レスリング教室出身で、カデットの世界選手権に出場する

根本 星来(せいら)さん スポーツ

登戸在住 17歳

8月2日号

萩坂 心一さん

平和の大切さを継承する市民団体「平和を願う会」で共同代表を務める

萩坂 心一さん

登戸在住 61歳

7月26日号

大庭 美代子さん

3周年を迎えたおしゃべりサロン「あゆみ」を主宰し、母子支援活動に尽くす

大庭 美代子さん

中野島在住 50歳

7月19日号

大杉 浩司さん

川崎市岡本太郎美術館の学芸員で20周年記念展を担当する

大杉 浩司さん

宿河原在住 58歳

7月12日号

廣田 健一さん

ライオンズクラブ国際協会330―B地区5R―2Zのゾーンチェアパーソンに就任した

廣田 健一さん

菅北浦在住 69歳

7月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク