多摩区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

国勢調査市独自集計 中野島、10歳若返り 働き盛り最多に登戸小区

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は2015年の国勢調査に基づき、独自に地域や項目を細分化してまとめた報告書「川崎市の人口/独自集計編【1】」を今月10日に公表。前回調査(10年)に比べ、「平均年齢が最も若くなった町丁」に中野島、「働き盛りの世代が最も多い小学校区」に登戸など、多摩区内の状況も明らかになった。

 川崎市全体の平均年齢は42・8歳で前回調査から1・3歳上昇。多摩区は42・4歳で、前回より1・7歳高くなった。町丁別では、上昇上位20町丁に生田1丁目(4・7歳上昇)、寺尾台2丁目(4・5歳上昇)が入っている。

 一方で、中野島は最も年齢が低下。前回調査から10・8歳若返った。中野島町会の古谷欣治会長は「新しい住宅が建って、若い転入者が多い。今後も戸建の集合住宅がいくつかできる予定」と話す。

 学区別のランキングでは、働き盛り世代(15〜64歳の生産年齢人口)の割合が高い小学校区で登戸が1位(76・9%)、中学校区では枡形が2位(74・9%)となった。その他上位は中原区、高津区が占め、交通の便が良い地域に集中。登戸小PTAの高山康司会長は「登戸は都内へのアクセスも良く、フルタイムでの通勤や共働き、子育て環境など、楽しんで生活している人も多いと思う」と傾向を語る。

人口増数は最下位

 前回調査に比べ全区で人口が増加し、最も増えたのは中原区で1万3604人増。一方、20年に市内で最も早く人口のピークを迎えると予想される多摩区は最下位で、264人増にとどまった。

 人口が減少したのは253町丁で、減少数では中野島5丁目が2位(447人減)、東生田1丁目が3位(385人減)に。中野島5丁目は市営中野島多摩川住宅の14棟が大半を占めており、高齢者の独居や空き部屋が増えているという。同自治会の奥沢邦雄会長は「以前は3千8百人ほど住んでいたが、今は2千人を切るのでは」と話す。

 同報告書は基本的な人口や就業状態、移動人口等の集計について市が分析。市ウェブサイトで公表しているほか、市役所や区役所で閲覧できる。

多摩区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月18日号

キャッシュレスに賛否

多摩区商連

キャッシュレスに賛否 経済

導入伸びず、「様子見」多数

10月11日号

市立校、半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校、半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月11日号

菅住宅地、51位が7位に

基準地価上昇率 登戸も高騰

菅住宅地、51位が7位に 社会

10月4日号

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ

生田浄水場用地

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ 社会

市、22年 新施設完成めざす

10月4日号

南房総に支援物資

多摩区有志

南房総に支援物資 社会

トカイナカ 西山さんら結束

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク