多摩区版 掲載号:2019年2月22日号
  • LINE
  • hatena

小田急 登戸駅にドラえもん 構内を装飾、2月26日公開

文化

中央口改札に設置されるデジタルサイネージ(右)と、ホームの駅名標(下)のイメージ
中央口改札に設置されるデジタルサイネージ(右)と、ホームの駅名標(下)のイメージ

 小田急電鉄(新宿区)は2月26日から、川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム(長尾)の協力により登戸駅構内を「ドラえもん」で装飾する。改札口やホームにキャラクターを散りばめた演出を施し、同館の最寄り駅の一つとして魅力アップを目指す。

 装飾されるのは改札階とホーム階の駅名標、エレベータ、ごみ箱のほか待合室内ベンチ、コインロッカーなど。改札にはキャラクターが動くデジタルサイネージ(電子看板)、ドラえもん等身大フィギュアが設置される。ドラえもんの色と鈴をイメージした駅名標は、ホームの大型5枚10面と柱27カ所にお目見えする。小田急電鉄は「ドラえもんの漫画の世界に入り込んだような空間で、多くの方にワクワク感を感じてもらえれば。小田急登戸駅を降りた瞬間からその世界を楽しんでほしい」と思いを込める。

 これまで同社では、2011年のミュージアム開館に合わせ、登戸駅と向ヶ丘遊園駅の列車接近メロディーにアニメ「ドラえもん」や「パーマン」の曲などを導入。開館5周年の年には、キャラクターにちなんだ装飾が登戸駅の壁面に施された。

ミュージアム増築

 開館以来300万人以上が訪れている同館では、2階「みんなのひろば」をリニューアルするなど改新を続けている。先月半ばには、藤子・F・不二雄プロが増築棟を市に寄贈。本館に隣接した3階建の建物で、1階に設けられた多目的スペースは小学校の校外学習での活用やワークショップなど、新たな事業を検討中という。伊藤善章館長は「より魅力的で新しい展開を図る」と話している。

多摩区版のトップニュース最新6件

のらぼう菜に新品種

市農業技術支援センター

のらぼう菜に新品種

3月22日号

設置指針 14年ぶり改定

公共施設AED

設置指針 14年ぶり改定

3月22日号

ハンド男子 初の全国

生田中

ハンド男子 初の全国

3月15日号

2議席、三つ巴の争い

県議選多摩区

2議席、三つ巴の争い

3月15日号

食品ロス対策を強化

フードバンクかながわ

食品ロス対策を強化

3月8日号

定数9に11人名乗り

市議選多摩区

定数9に11人名乗り

3月8日号

NPO法人 川崎寺子屋食堂

【生徒募集説明会最終】3/24(日)10時~詳細は☎044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

古民家と桜、照らして

古民家と桜、照らして

30、31日 ライトアップ

3月30日~3月31日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク