多摩区版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

小田急 登戸駅にドラえもん 構内を装飾、2月26日公開

文化

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena
中央口改札に設置されるデジタルサイネージ(右)と、ホームの駅名標(下)のイメージ
中央口改札に設置されるデジタルサイネージ(右)と、ホームの駅名標(下)のイメージ

 小田急電鉄(新宿区)は2月26日から、川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム(長尾)の協力により登戸駅構内を「ドラえもん」で装飾する。改札口やホームにキャラクターを散りばめた演出を施し、同館の最寄り駅の一つとして魅力アップを目指す。

 装飾されるのは改札階とホーム階の駅名標、エレベータ、ごみ箱のほか待合室内ベンチ、コインロッカーなど。改札にはキャラクターが動くデジタルサイネージ(電子看板)、ドラえもん等身大フィギュアが設置される。ドラえもんの色と鈴をイメージした駅名標は、ホームの大型5枚10面と柱27カ所にお目見えする。小田急電鉄は「ドラえもんの漫画の世界に入り込んだような空間で、多くの方にワクワク感を感じてもらえれば。小田急登戸駅を降りた瞬間からその世界を楽しんでほしい」と思いを込める。

 これまで同社では、2011年のミュージアム開館に合わせ、登戸駅と向ヶ丘遊園駅の列車接近メロディーにアニメ「ドラえもん」や「パーマン」の曲などを導入。開館5周年の年には、キャラクターにちなんだ装飾が登戸駅の壁面に施された。

ミュージアム増築

 開館以来300万人以上が訪れている同館では、2階「みんなのひろば」をリニューアルするなど改新を続けている。先月半ばには、藤子・F・不二雄プロが増築棟を市に寄贈。本館に隣接した3階建の建物で、1階に設けられた多目的スペースは小学校の校外学習での活用やワークショップなど、新たな事業を検討中という。伊藤善章館長は「より魅力的で新しい展開を図る」と話している。

多摩区版のトップニュース最新6

「サイダー」 中野島から躍進

お笑いコンビ

「サイダー」 中野島から躍進 文化

8月末、初の単独ライブ

8月23日号

千人減 早期入居に成果

特養申請者

千人減 早期入居に成果 社会

市、窓口一本化で「見える化」

8月23日号

「休み明け、悩める子に手を」

「休み明け、悩める子に手を」 教育

自死遺族団体 18日シンポ

8月16日号

食中毒、市内40人超

食中毒、市内40人超 社会

多摩区食協 登戸駅で啓発

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「登る」魅力 次世代へ

川崎市山岳協会

「登る」魅力 次世代へ スポーツ

中野島で7回目、体験教室

8月9日号

NPO協力で障害者支援

県タクシー協会川崎支部

NPO協力で障害者支援 社会

UD車両普及を後押し

8月2日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク