多摩区版 掲載号:2019年3月15日号
  • LINE
  • hatena

パーキンソン病であることを公表し、東京マラソンを完走した 横山 大介さん 菅馬場在住 62歳

病と共に、ひた走る

 ○…体に異変を感じたのは2017年2月。ハーフマラソン大会で10キロを過ぎたころ、足が前に出なくなった。つんのめった走り方になり、やむなく歩いて完走を目指す。最後だけはと走ってゴールすると、前のめりに転倒。顔面を強打した。「何が起きたのか分からなかった」。介護職に携わってきた息子の妻の助言で病院へ。パーキンソン病と判明した。定年退職したばかりだった。

 ○…30代のころ、自分自身と向き合えるランニングの楽しさに魅了された。フルマラソンの最高記録は2時間48分。東京マラソンも2度出場し、3時間台前半で完走した。発病後は走ることを諦めかけたが、家族の励ましや主治医の勧めで継続。足はむくんで痛み、思うように動かず、腰痛にも悩まされて練習量は半減した。大会に出ても5時間を切るのがやっと。そんな状況で手にした今年の東京マラソンの切符。パーキンソン病であることを背中に記し、思いを込めて走り切った。

 ○…富山県生まれ、北海道育ち。ソフトテニス部だった高校時代、約70キロを走る校内イベントで2年連続優勝。「テニスよりそっちの方で有名だった」と目を細める。菅馬場に住んで約20年、練習場所はもちろん多摩川沿い。「練習した分だけタイムが伸びる。皆で楽しめるのがいい」と走る面白さを語る。走った後、仲間との飲み会は格別だ。

 ○…毎日3種類の薬を服用し、月に2回は通院。日中は病気に理解のある老人ホームで働く。「リハビリ担当者もランナー。逆に自分がコツを教えてあげたり」。これからの夢は、ウルトラマラソンや海外のフルマラソンにも出場することだ。「パーキンソン病患者だって完走できるんだと知ってもらいたい。苦しむ人たちに力を届けたい」。信念を背負い、突き進む。

多摩区版の人物風土記最新6件

秋元 良己さん

4月1日付で多摩消防署の署長に就任した

秋元 良己さん

4月19日号

荻原(おぎはら) 圭一さん

4月1日付で多摩区長に就任した

荻原(おぎはら) 圭一さん

4月12日号

相庭 隆さん

多摩区公園BOOKを編集する市民団体「たまたま子育てネットワーク」の代表

相庭 隆さん

4月5日号

加藤 和男さん

多摩警察署の署長に今月就任した

加藤 和男さん

3月29日号

古尾谷(こびや) 敏江さん

全国初の女性消防職員として、女性職員誕生50周年記念式典に先月登壇した

古尾谷(こびや) 敏江さん

3月22日号

関口 和之さん

小学生ハンドボールクラブ「生田HCボンバーズ」のヘッドコーチを10年務める

関口 和之さん

3月8日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:01更新

  • 4月5日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク