多摩区版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

「すがわら進」市政報告 高齢者施策に全力、国と連携強化 地域資源生かし 「住みよい多摩区」へ

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena

 3月の市議会定例会の代表質問で「高齢者施策」を担当し、予算委員会では9項目を質問しました。

 病院や診療所、介護施設などが連携する「認知症疾患医療センター」については、超高齢社会に向け早急に整備すべきと主張。本市の高齢化率は2020年度中に21%に達すると推計されていますが、市健康福祉局からは速やかに設置を進めたいとの答弁がありました。

 予算委員会の提言では、厳しい市の財政運営を乗り切る上で、県内選出の国会議員との連携、他自治体との連絡を密に図るため「東京事務所」の体制を強化すべきと要望。福田紀彦市長は「大都市特有の税財政制度の課題に対応するために、適材適所に人員を配置し、積極的に国との連携を強化する」と答弁しました。

 次に、3月末に閉園した稲田公園の「さかなの家」についてです。「命」を守る、おさかなポストの活動で知られるこの施設に注目し、多摩川施策に長年取り組んできましたが、閉園後の多摩川の環境保全のあり方や、自然環境の学習について見解を求めました。福田市長は「今後も市民の意見をうかがいながら、環境学習の充実に努める」とし、「川崎ルフロンに新設される民間の水族館は、多摩川に関する展示など子どもたちの学習の場にも活用する」と答弁しました。

 今後も「国際都市」川崎市の発展、そして「国際観光都市・国際学園都市」多摩区の発展を掲げ、皆様の暮らしの向上に力を尽くします。

菅原 進

TEL:044-933-2043
FAX:044-933-1950

http://www.susumu-news.com/

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

災害対策・登戸区画整理の安全対策に注力

市政報告Vol.1

災害対策・登戸区画整理の安全対策に注力

川崎市議会議員 吉沢章子

8月9日号

どこよりも子育てしやすく、子育て世代に選ばれるまちづくり

市政報告

どこよりも子育てしやすく、子育て世代に選ばれるまちづくり

川崎市議会議員 かがみまさひこ

7月26日号

本市の空き家対策の現状と課題

市政報告

本市の空き家対策の現状と課題

川崎市議会議員みらい川崎市議会議員団露木 明美

7月12日号

かかりつけ薬剤師・薬局を

意見広告

かかりつけ薬剤師・薬局を

日本薬剤師連盟副会長 本田 あきこ

6月28日号

多様性認め合う社会へ

意見広告

多様性認め合う社会へ

行政書士 澁谷貢

6月28日号

「令和」新時代迎える

「令和」新時代迎える

”人づくりなくして国づくりなし” 衆議院議員 笠 浩史(りゅう ひろふみ)

5月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

還燈会、24日に

春秋苑

還燈会、24日に

錦野さんライブも

8月24日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク