多摩区版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

行事開催、可能性探れ デスク・レポート

コミュニティ社会

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena

 ▼川崎市内のコロナ陽性者は10月5日時点で累計1613人に達し、収束の兆しは未だ見えない。地域の夏まつりや神社の例大祭をはじめ、各区の区民祭も相次ぎ中止に追い込まれている。大規模イベントや屋内公演の開催は慎重な判断が必要だが、地域振興やまちづくりの観点からも、感染対策を講じながら代替案の可能性を熟考する努力を怠ってはならない。

 ▼1日で例年約4万人を動員する「民家園通り商店会夏まつり」は規模縮小や延期を含め、開催の可能性について春から実行委員会が協議を重ねた。9月末の閉店が決まっていた同会加盟店のダイエー向ヶ丘店に「最後の花道を」との声もあったが、5月に中止が決定。この負の経済効果は計り知れない。一方で、同会の会員有志が中心になり、区内の参加店限定で使える独自商品券「多摩ファンラリー」が9月に始動。市が販売するプレミアム付き商品券「川崎じもと応援券」(1冊1万円)より手軽さを重視し、特典付きで1冊3千円とした。参加店は現状40店ほどで想定を下回るが、コロナ禍で苦しむ商店の集客を取り戻そうという試みとして、期待が寄せられる。

 ▼市内唯一の区民祭の代替企画として、多摩区では予定日だった10月17日に区観光協会が「秋の生田緑地↕多摩川ピクニックラリー」を計画。区内観光資源の2拠点を宣伝塔に、密を避けて周辺一帯の回遊を促す新たな様式に挑む。同会副会長で民家園通り商店会顧問の岩野正行さんは「多くのイベントが中止続きで地域の活気がなくなる中、開催と感染対策の両立を模索してきた」という。コロナの脅威と向き合いながら、イベント開催の手本となる事例を示せるかに注目が集まる。

 ▼市健康安全研究所の岡部信彦所長が「自然現象は理論通りにいかない。一定の注意が必要」と警鐘を鳴らす通り、気を緩めず今まで以上に3密回避や消毒、マスク活用など基本は徹底せねばならない。その上で、行政と市民、事業者は連携を深め、「中止」にとらわれないイベント開催の可能性を議論すべきだ。
 

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

夜長フェアに17店

中野島北口

夜長フェアに17店 経済

商店会初 秋の新企画

10月23日号

ぬり絵でハロウィーン

ぬり絵でハロウィーン 社会

登栄会 加盟店に作品展示

10月23日号

今年は「黄金と誕生石」

今年は「黄金と誕生石」 文化

よみうりランド イルミ始動

10月23日号

愛情注ぎ、開花の時

愛情注ぎ、開花の時 文化

ばら苑ボランティア会

10月23日号

「財政白書」 を発行

市職労・自治研センター

「財政白書」 を発行 経済

10月23日号

家庭で果樹育て方入門

家庭で果樹育て方入門 文化

緑化センター

10月23日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク