多摩区版 掲載号:2021年1月15日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 川崎ブレイブサンダース、千葉下し4強 天皇杯初戦 ホームとどろきでリベンジ果たす

スポーツ

掲載号:2021年1月15日号

  • LINE
  • hatena
千葉戦で21点を挙げた辻直人選手(写真は過去)=川崎ブレイブサンダース提供
千葉戦で21点を挙げた辻直人選手(写真は過去)=川崎ブレイブサンダース提供

 第96回天皇杯全日本バスケットボール選手権大会の3次ラウンドが1月13日、川崎市とどろきアリーナ(中原区)で行われ、川崎ブレイブサンダースは千葉ジェッツに72―62で勝利。ベスト4入りし、3月のファイナルラウンドに駒を進めた。ベスト4は川崎のほか、アルバルク東京と宇都宮ブレックス、シーホース三河。

 川崎にとって大会初戦の3次ラウンドの相手は、一昨年の天皇杯で敗れた千葉。序盤から接戦が続き、前半は35―35で折り返し。最終クオーターを52―55と千葉のリードで迎えると、川崎は残り7分で主将・篠山竜青選手がシュートを決めて60―58と逆転。辻直人選手の3点シュートなどでリードを広げ、千葉の猛攻を防ぎ切った。

 試合を振り返り、佐藤賢次ヘッドコーチは「リーグで一番の攻撃力ともいえる千葉に対し、後半、特に第4クオーターを7失点に抑えられたのは、本当にチームのディフェンスが機能した証拠」と強調。「緊急事態宣言という大変な状況の中、お客様がアリーナに来てくれて試合ができる、そのことをとても重く受け止めていた。ここでバスケの面白さを伝えられなかったらもう試合できない、くらいの思いで臨んだ」と胸中を明かした。篠山選手は「前半戦の集大成という位置づけの試合だということを(佐藤)賢次さんからも言われており、今シーズンやってきた基本の形を全て出そうと言われて今日の試合に向けて準備してきた。チームがやりたかったことを表現することができた良いゲームだった」とコメントした。

 同大会はトーナメント形式で、ファイナルラウンドのファイナル4(準決勝)は3月12日、グランドファイナル(決勝)は13日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで行われる。川崎は三河と準決勝を戦う。川崎ブレイブサンダースの情報は公式サイト。

【URL】https://kawasaki-bravethunders.com/

多摩区版のローカルニュース最新6

成人式、宣言下で敢行

川崎市

成人式、宣言下で敢行 社会

会場参加は前年比4割減

1月15日号

級友39人 聖マリに感謝

百合高

級友39人 聖マリに感謝 教育

寄せ書き、医療従事者へ

1月15日号

スケッチ個性溢れ

スケッチ個性溢れ 文化

せせらぎ館

1月15日号

医療現場に物資寄贈

医療現場に物資寄贈 社会

川崎西北RC、マスクほか

1月15日号

原さん、舞台で肉体美

川崎市出身 ジャニーズJr.

原さん、舞台で肉体美 文化

1月15日号

スポセン時間短縮

スポセン時間短縮 スポーツ

午後8時まで

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク