多摩区版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

「性同一性障害」と「発達障害」を抱えながらラジオドラマの声優に臨んだ こばやし このみさん(本名:小林 空雅) 菅在住 26歳

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena

自分らしさ、声にのせて

 ○…川崎市を舞台にしたラジオドラマ「ワンダーワールド」で声優に挑戦。適応障害を発症しながらも真剣に向き合った。演じたのは「態度は大きいけどビビり、怖いからこそ横暴な態度をとる」という感情的な役。「私は感情が動かない方なので、表現が難しかった」と苦労を語る。出演する第4話は今月放送。「詰めていった演技だけど、もっとできただろうという気も」と、収録までの日々を思い返す。

 ○…中原区で女性として生まれ、育ちは幸区。「好奇心旺盛で、人目を気にしない子だった」。小5のとき性別に違和感を覚え、中学ではセーラー服が嫌で不登校に。当時、よく見ていたのが「ドラゴンボール」。複数役を演じる野沢雅子さんの声に魅了された。中2で性同一性障害の診断を受けると、学ランで通学。「悟空」と「雅子」から取って「空雅」に改名した。演劇やネットラジオに傾注し、二十歳で性転換。男性として声優養成所へ。今回の出演を経て、「野沢さんに会いたい」と夢を強くする。

 ○…今の性自認は「ゼロ」。「バイトで男性扱いされて疑問を抱いた。女でも男でもない」。そんな自身の心情の変化が描かれたドキュメンタリー映画は、昨年7月から劇場公開。年末には麻生区でも上映された。都内へのアクセスの良さから菅に住んで1年、「川崎は全区に関わりがある」と地元愛が募る。

 ○…うつのような症状から、発達障害の診断を受けたのは数年前。「潔い性格をしているので、納得はした」。自分なりのペースで詩やアクセサリー、ハーバリウムなどアーティスト活動も続けてきた。声優に限らず、音声編集や動画制作にも興味を広げる。「職業とか男女とか、肩書はほしくない」。一人の「人」として、らしさを貫く。

多摩区版の人物風土記最新6

藤井 智弘さん

23代目の多摩区長に、4月1日付で就任した

藤井 智弘さん

川崎区在住 57歳

4月9日号

こばやし このみさん(本名:小林 空雅)

「性同一性障害」と「発達障害」を抱えながらラジオドラマの声優に臨んだ

こばやし このみさん(本名:小林 空雅)

菅在住 26歳

4月2日号

関山 泰司さん

桜並木を維持管理する「宿河原堤桜保存会」の5代目会長を務める

関山 泰司さん

宿河原在住 80歳

3月26日号

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

第24回岡本太郎現代芸術賞で「岡本敏子賞」を受賞した

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

高津区在住 51歳

3月19日号

関 範雄さん

多摩交通安全協会の副会長で、交通栄誉章「緑十字金章」を今年度受章した

関 範雄さん

長沢在住 78歳

3月12日号

田島 清隆さん

中野島中学校創立60周年記念事業委員会で委員長を務めた

田島 清隆さん

菅在住 62歳

3月5日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】4/5(月)午前9時10分オープン!コロナ感染症予防対策実施中!

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク