多摩区版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

特定非営利活動法人WE21ジャパンたまの代表を務める 鈴木 久子さん 生田在住 71歳

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena

縁ある地、支援つなぐ

 ○…神奈川県を中心に環境や貧困、人権などの課題解決に向き合う「WE21ジャパン」。その多摩区の拠点として、中野島で運営するリユース・リサイクル店「WEショップたま」が今月、20周年を迎えた。地域から寄付された衣類等を販売し、収益を国内外の支援に生かす。「資源の循環を意識して来てくれる方を増やせたら」と、節目に思いを新たにする。

 ○…昔からアジアに興味があり、大学で中国語を学ぶと関連の仕事に就いた。転機は1999年。カンボジアに行く機会を得て、現地で半年間生活した。「まだ武器を持っていて物騒だったけど、見るもの聞くもの印象深くて」。帰国後も関わりたいと考えていたころ、WEショップの1号店開店を新聞で知った。友人に声をかけ、中心メンバー7人で「たま」を発足。「珍しさもあり、地域の皆さんがいろんな寄付品をくださった。皆で集える楽しさがあった」。輪が広がり、多いときは20人以上、今も15人ほどが運営に携わる。

 ○…結婚を機に20代から生田に住む。店舗へは約30分歩いて向かうのが常だ。出身は宮城県で「震災はとてもショックだった」とも。この10年は海外支援に加えて、福島県の農業支援や避難者の生活支援、原発や憲法にまつわる勉強会にも注力した。「福島からすごく励まされたという声もあった。多摩区でも、地域のつながりができた」

 ○…20年の支援先は15カ所ほど。当初からカンボジアへの支援が続く一方、10年支えたフィリピンの自活プロジェクトが成功し、初めて手を離れたことも感慨深い。今、ウェブで何でも買える時代に、支援の拠点となる店舗を構える意味を考える。「対面で地域の人が交流できる場所。続ける意味がある」。ここから地域を、世界を思う。

多摩区版の人物風土記最新6

大津 昭己(しょうみ)さん

今春から多摩区遺族会の会長を務める

大津 昭己(しょうみ)さん

宿河原在住 80歳

8月12日号

梶 稔さん

今年6月、セレサ川崎農業協同組合の代表理事組合長に就任した

梶 稔さん

麻生区在住 66歳

8月5日号

久延 一郎さん

川崎市農業技術支援センターの所長を今春から務める

久延 一郎さん

菅仙谷在勤 53歳

7月29日号

熊谷 薫さん

多摩区周辺でアートプロジェクトを行うTAMA VOICESの代表を務める

熊谷 薫さん

生田在住 42歳

7月22日号

金田 圭二さん

パサージュ・たま運営委員会の委員長を務める

金田 圭二さん

菅馬場在勤 44歳

7月15日号

武藤 智則さん

登戸区画整理事務所の所長を今春から務める

武藤 智則さん

登戸在勤 53歳

7月8日号

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook