多摩区版 掲載号:2021年12月24日号 エリアトップへ

多摩区剣道連盟 2団体が全日本奨励賞 西三田剣道クラブ・剣桜会

文化

掲載号:2021年12月24日号

  • LINE
  • hatena
多摩区剣道祭で優勝した西三田剣道クラブ(上)、準優勝の剣桜会(左下)。西三田の新村代表(右下・左)と剣桜会の佐藤会長
多摩区剣道祭で優勝した西三田剣道クラブ(上)、準優勝の剣桜会(左下)。西三田の新村代表(右下・左)と剣桜会の佐藤会長

 全日本剣道連盟による2021年度の少年剣道教育奨励賞に、区の連盟から西三田剣道クラブと剣桜会が選ばれた。少年少女への指導を続け、剣道界を支える団体や組織に贈られる賞で、市連盟の推薦を受けて決まった。

 西三田剣道クラブは1969年に発足し、市立三田小学校を拠点に活動。小学生20人と中高、一般合わせて約50人が在籍する。受賞について、新村憲一代表(74)は「創立以来、先輩方が地道にクラブを守ってきてくれたおかげ。その思いは後進に引き継がれている」と感謝。「勝敗よりも、楽しさを感じて生涯続けたいと思えるような指導をこれからも心がけたい」と思いを語った。

 1953年に誕生し、市立菅小学校などで稽古する剣桜会は、菅町会の剣道クラブが前身。小学生26人を含め総勢80人以上が在籍している。佐藤英世会長(58)は「剣道は人間形成。心を動かされるような修練を意識している」と強調。「剣桜会を未来につなげるために、子どもたちと活動を続けていく。その子たちが指導者として戻ってきてくれるよう頑張りたい」と胸中を語った。

区剣道祭で小学生24人熱戦

 12月12日には、区剣道連盟(廣田健一会長)主催の第32回多摩区剣道祭が市立稲田中学校で行われ、小学生団体戦に剣桜会、西三田、養心館から8チームが出場。1チーム3人のトーナメント戦で、西三田剣道クラブ(松脇禅之介さん・松脇さくらさん・松岡美智瑠さん)が初優勝、剣桜会A(高野滉太さん・堀龍希さん・池田蓮さん)が準優勝を果たした。

 後半は一般紅白対抗試合が行われ、26試合の熱戦が繰り広げられた。

西三田剣道クラブと剣桜会の対戦となった小学生団体の決勝
西三田剣道クラブと剣桜会の対戦となった小学生団体の決勝

多摩区版のトップニュース最新6

課題共有、試行始まる

多摩区

課題共有、試行始まる 社会

地域デザイン会議に27人

5月27日号

今季準決も宇都宮の壁

バスケB1川崎

今季準決も宇都宮の壁 スポーツ

等々力 悔しさと感謝、胸に

5月27日号

保留児童、市内最多に

多摩区

保留児童、市内最多に 社会

市全体は4年連続減少

5月20日号

隠れた名所や魅力募る

菅町会70周年

隠れた名所や魅力募る 文化

記念誌制作へ、参加型企画

5月20日号

50周年 次代への一歩

多摩区

50周年 次代への一歩 社会

記念式典に200人集結

5月13日号

山ちゃんの魂、脈々と

おさかなポストの会

山ちゃんの魂、脈々と 社会

一周忌 多摩川でお別れ会

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook