多摩区版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

老人福祉センター 区対抗ボッチャ、熱戦 多摩・麻生 初大会に24人

スポーツ

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena
お手製の装飾が施された多摩老セン。決勝は首位チーム同士が対戦
お手製の装飾が施された多摩老セン。決勝は首位チーム同士が対戦

 パラリンピック種目「ボッチャ」を通じて地域間交流を深めようと、多摩老人福祉センター(中野島)は1月12日、麻生老人福祉センターとの対抗戦を開催。多摩区、麻生区の利用者3人1組で4チームずつ、総勢24人が出場した。区を越えた両施設の合同企画は初で、1年以上の構想期間を経て実現した。

 ヨーロッパ発祥のボッチャは、脳性まひなど運動能力に障害がある競技者向けに考案されたスポーツ。ジャックボールと呼ばれる白い目標球に赤・青のボールをチームごとに投げ、目標球までの近さで得点を競う。投げ方は自由で、年齢や性別を問わず室内で楽しめるスポーツとして、市が推進に力を入れている。

 12日は、全チームが相手区の4チームと対戦し、区別に順位を決定。1位から3位まで同士が再戦した。1位同士の決勝は1点を争う接戦に。3エンドの結果、3-1で多摩区のチームが優勝した。優勝チームの藤野泰尚さん(82)、石川明子さん(80)、伊藤るつ子さん(71)は「練習回数も少ない中、3人で支え合ってチームワークで優勝できた。うまく投げられたときの快感がたまらない」と喜びをかみしめた。準優勝した麻生区チームの神津従道さん(78)、佐久間トシ子さん(74)、楢本美代子さん(73)は「練習でうまくいかず自信がなかったけれど、みんなのプレーを見ているうちにできるようになってきた」と成長を振り返った。

2施設で力合わせ

 今大会の企画を担当したのは、多摩老人福祉センターの伊東知之さんと麻生老人福祉センターの佐藤今日子さんだ。多摩老センでは一昨年12月のボッチャ体験イベントを経て、区対抗の大会を発案。麻生老センに協力を呼びかけて実現した。会場内は手作りの装飾で彩り、音楽をかけるなど演出にも工夫を凝らした。伊東さんは「コロナ下で、日常にはない、皆さんの思い出に残る場づくりを目指して何とかやってきた。これからの生きがいにつながればうれしい」と思いを込めた。

多摩区版のトップニュース最新6

保留児童、市内最多に

多摩区

保留児童、市内最多に 社会

市全体は4年連続減少

5月20日号

隠れた名所や魅力募る

菅町会70周年

隠れた名所や魅力募る 文化

記念誌制作へ、参加型企画

5月20日号

50周年 次代への一歩

多摩区

50周年 次代への一歩 社会

記念式典に200人集結

5月13日号

山ちゃんの魂、脈々と

おさかなポストの会

山ちゃんの魂、脈々と 社会

一周忌 多摩川でお別れ会

5月13日号

区PR動画、協力求む

ワガママSUNバンド

区PR動画、協力求む 文化

50周年企画でクラファン

5月6日号

来春開業、協議重ねて

フロンタウン生田

来春開業、協議重ねて スポーツ

多目的広場 「利用調整会」 発足へ

5月6日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook